Edgestone

世界で一番ファンキーでイケイケなマルチゲーミングチーム

ダスト

ハースストーン

ダストを「買う」ということ。

 

こんにちは。JubileEです。

 

 

突然ですが、みなさんはソーシャルゲームをやっていますか?

最近は様々なソシャゲが流行していて、一種のコミュニケーションツールにまでなっているとききます。僕も昔はソシャゲをしていました。

仲間とわいわい一緒にゲームをするのは楽しいです。ガチャでレアが当たったときの感動はなかなかなものがあります。

いつものようにあへあへガチャを回していたある晴れた日の昼下がり、僕は疑問を持ちました。

 

お金を払って目当てのものが手に入らないって、一体どういうことだってばよ・・・!?

 

 

 

光カーリー二体目いつ出てくるんだってばよ・・・!?

 

 

 

 

 

ハースストーンというゲームには、「魔素(ダスト)」というシステムがあります。

これは、不要なカードを分解しダストにすることができたり、欲しいカードがあったらダストを消費し作成、手に入れることができるというものです。

このシステムはスゴイです。なぜなら、欲しいカードが絶対に手に入るから。

毎日受け取るクエストをこつこつやってゴールドを稼ぎパックをあけ、例えレアカードがあたらなくても不要なカードをダストに変えて、そのダストをためれば目当てのカードが作成できる。

すごすぎないかブリザード?

 

 

ガチャは死んだ。

もう魔法石を買う必要はない。

 

 

パワストーン?ふざけてんじゃねえぞ!!!!!!

なーーーにがオーブじゃ!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

僕は今でも月に一回、アマゾンコインのセールがきたらパックを課金購入している。

僕は声を大にしていいたい。

パックが欲しいんじゃない。ダストが欲しいからパックを買っているんだ!

よく勘違いされるが、レジェンダリーカードを狙ってパックを買っているのではなく、(そりゃ当たったら嬉しいのだけれども)好きなカードを作るためのダストを買っているんだ!

 

好きなカードのゴールデンバージョンをクラフトしたいんだ!!!!!!

 

 

 

 

 

LOE_011_premium

パーパラッパッパッパッパー

 

 

 

 

+29

 

 

 

 

さあ、皆もダストを買おう。そして、好きなカードを金色にしよう。

もっともっとハースストーンというゲームが好きになるぞ。

この記事を書いた人

JubileE
JubileEEdgestone代表
スピッツとかビールとかバイクなどが大好きなサラリーマン。楽しいこと、もの、ひとが好き。最近はハースストーンとシャドウバース、オーバーウォッチに夢中!

Edgestoneをはじめとする様々な活動はjubi-lee.netで。

-ハースストーン