Edgestone

世界で一番ファンキーでイケイケなマルチゲーミングチーム

_1291772903_281

時事問題 雑談

私がエッヂストーン副代表、天野さとしである!

―この記事は全てフィクションです。


みなさんこんにちは。エッヂストーン副代表の天野さとしです。

僕は某すべ半某野一武道会といったコンテンツを持っており、ツイッターでは1月に1,038人の新しいフォロワーを獲得しました。
ざっくり言うと「人気の高いお兄さん」です。まだ27歳なのでおじさんと呼ばないように。

僕がなぜ、某すべ半や某野一武道会、Youtube、顔出し配信、オフラインイベントの運営など、幅広く活動しているのかというと、"人気が高くなればモテる"と思っていたからです。

それなのに、誰からもアプローチされません。この人生とかいうゲームバグってんじゃねえのかと開発者を疑い始めるぐらいです。

しかし、よく考えてみましょう。「人気が高い=モテる」 という方程式を当てはめるとしたら、プロゲーマーや配信者全員に彼女がいるはずです。
この間k○r○n○k○さんが「彼女欲しい」などとつぶやいていたので、今のところ彼女は居ないはずです。「人気が高い≠モテる」ということに早く気がつくべきでした。

しかしもう後戻りはできません。ブログも続けますし、Youtubeに動画投稿もします。大会運営、オフイベ運営、実況配信、すべて続けるつもりです。

けどもう…辛いです。もうこれ以上のコンテンツは持てません。"モテない""持てない"を掛けてます。ププッ。おい、笑ってんじゃねーよ。いや笑えよ。

僕は1人しか居ません。チャクラを溜めて多重影分身の術を使えれば良いのですが、それも不可能です。それぞれの作業をしていると時間が無くなり、ハースストーンができないのです。僕はハースストーンがやりたいんです。

そこで、少しでも身を軽くするために、ある決断をしました。

エッヂストーンからの脱退です。

「ファンキーなゲーミングチーム」だか何だか知りませんが、今までやった活動と言えば
「新宿での飲み会」
くらいです。
飲み会って。ゲームと関係ないし…。何やねんこの団体。

しかも俺が副代表って何?全く聞いてないんだけど…。というか、エッヂストーンにも勝手に入れられてるし。自分から望んでエッヂストーンに入った人は1割未満でしょう。勝手に入れられて、勝手な紹介文を書かれる。恐ろしい団体です。

例えば俺の紹介文を見て下さい。

すべ半ハースストーン管理人兼ひとくち新聞ライター。ハースストーン界のお兄さん。好きな体位は対面座位。

これはまだマシな方ですが、好きな体位は対面座位って…。

そんなこと、一度も言ってないよ!

いい機会なので、俺の中の体位デッキTierリストを書いておきます。


Tier1
正常位:正常位に始まり、正常位に終わる。基本デッキ。
騎乗位:文句なしにサイコーなデッキ。

Tier2
側位:僕は5~6種類の側位デッキを使い分けていますが、面倒くさいので全てTier2とさせて頂きます。
立ちバック:このデッキ使ったこと無いけど良さそうな気はしてるからTier2。

Tier3
対面座位:抱き合えるのは良い。安心感がある。体は気持ちよくなれないけど心で感じるデッキだと思う。
バック:強いデッキを使っているはずなのに、連敗するときってあるでしょ。そんな感じ。


こんなことを書いて増えたフォロワーが減らないか心配ですが、まぁ大丈夫でしょう。

というわけでエッヂストーンから脱退したいので、代表であるJubileEさんに話をしてみました。


「JubileEさん、こんにちは。相談があるのですが、よろしいでしょうか。」

J『はい、どうしましたか?』

「実は、エッヂストーンから脱退したいのですが…。」

J『わかりました。天野さんにだけ、月に130万円の給料を払います。

親友…!いや、と書いて心友(しんゆう)と呼ばせていただきます!これからもよろしくお願いします!」

ということで、引き続きエッヂストーンのお世話になることとなりました。
皆さん、よろしくお願いいたします。

―天野 さとし

この記事を書いた人

amano
この天野さとしはフィクションであり、実在する人物・団体とは一切関係ありません。

-時事問題, 雑談