Edgestone

世界で一番ファンキーでイケイケなマルチゲーミングチーム

01_QQ_Kibler

ゴシップ

【本気でプレイヤー紹介】”Kibler”について知ってほしい5つのこと【第1回】

みなさんこんにちは。Edgestone ゴシップ担当ライター kuroebiです。

J編集長より「有名プレイヤーの”人の部分”に焦点を当てた記事が欲しい」との要望を受けまして、このたび【本気でプレイヤー紹介】をさせていただく事になりました。

不定期連載ではありますが、読者の皆さんに有名プレイヤー達をもっと身近に感じていただければ幸いです。

 

第一回目に紹介するのはこの方、

01_QQ_Kibler

”DragonMaster”の異名を持つ、Brian ”Kibler” Kiblerです!

HS界ではヘンテコな「DragonMage」を使う兄ちゃん、また2015年HS World Championshipの実況解説で熱弁をふるう姿や、「今回は”Kno”が勝つ」と優勝者予想をしたことでご存知の方も多いと思います。

そんな”Kibler”について、知っているともっと好きになる(かもしれない)情報を紹介していきたいと思います。

(今回の記事を執筆するに際し、ネット検索およびTwitter:Brian Kibler(@bmkibler)より画像を転載させていただきました)

 


 

その1.喋りがめっちゃ上手い!

普段はTwitch(http://www.twitch.tv/bmkibler)でHS配信をしている彼ですが、とにかく喋りが上手い。小気味の良いマシンガントークが彼の持ち味です。

それもそのはず、彼は数年前までマイクパフォーマンスの勉強を行っていました。

なんでも噂では、超有名海外プロレス団体「WWE」へ挑戦するために徹底的に喋りを強化したんだとか。

配信を見てくれているファンへのサービスも忘れません。配信中の彼はいつでも笑顔、RNGやGood Playには必ずオーバーリアクションと、とっても楽しい配信となっております。

CQHmkZMVEAAfRLD

「Aviana出てる時にEffigyが誘発して1マナミニオンが出ちゃった時の顔」

興味を持ったそこのあなた、一度視聴してみてはいかが?


 

その2.Magic the Gatheringの殿堂プレイヤー!

彼のバックボーンは、10代の頃からプレイしているトレーディングカードゲームの祖「Magic the Gathering」であることに疑いは無いでしょう。

業界きってのDragon使いとして一躍有名となった”Kibler”は、その情熱的なプレイスタイルと卓越したデッキ構築技術を存分に発揮し、長い間トッププロとして活躍してきました。

FM4 Kibler

世界最高峰の賞金大会である「プロツアー」を制覇、また業界の発展に対し多大に貢献した功績が認められ、2010年に「MTG殿堂顕彰者」として表彰されます。

そんな”Kibler”の代名詞と言えば、かの”doubleA”氏が「世界トップシャッフラー」と称賛したカードさばきでしょう。

この「Kiblerシャッフル」を習得するために、世界中のMTGファンがこの動画を見ながらカードをシャカシャカする練習をしました。(筆者もしました)

私事で恐縮ですが、MTGにおける”Kibler”との対戦成績は0勝2敗。いつかリベンジしたいと思っていたら、HSで返り討ちにあうという悲しい出来事もありましたね。。。


 

その3.めっちゃ美人の奥様がいる!

はい、これについてはもう、ご尊顔をご覧いただければ。

CXriVhBUwAAwSNZ

”Kibler”の配信にも時たま登場し、リスナーの前でいちゃつきます。いつもは温厚なファンもこれには「リア充爆発しろ!」と激怒する事も。

ちなみに奥様は日本語ペラペラです。好感度上がりますねー(ピキピキ

CN_xyF5UYAAFqQr

「”Kibler”家に飾られている結婚記念の1枚」(販売もしています)


 

その4.愛犬にぞっこん!

いつでもどこでも一緒。名前は”シロ”ちゃん。その真っ白な姿を見て奥様が日本的な名前を付けたんだとか。

CYze6y9UwAIb_M0

超 可 愛 い 。

これは溺愛するのも納得ですね。同じ愛犬家としてナデナデモフモフゴロゴロしたい!です。。。

先ほどご紹介した結婚記念の1枚にも実は登場しています。見返してみて、どうぞ。

奥様と愛犬に囲まれて、毎日幸せそうに暮らしている”Kibler”ですが、ちゃんとお仕事もしています。

彼の職業はなんと・・・、


 

その5.ゲーム制作会社の社長!

「BMK Gaming」という自分の名前を冠した会社を起業し、HS&MTG情報サイト(http://bmkgaming.com/)の運営やゲームデザインなどを行っています。

特に代表作【Ascension】は優秀ゲームとしてその年のアワードを獲得したとのこと。

Realms-Unraveled-Product-Shot

日本では中々目にする機会が少ないと思いますが、もしかしたらあなたも”Kibler”がデザインしたゲームに触れているかも?

 


 

 

そんなこんなで若干蛇足も挟みつつお送りしました【本気でプレイヤー紹介】、いかがだったでしょうか?

次回も有名プレイヤーのことがもっと好きになる(かもしれない)情報を、ばっちり紹介していきたいと思いますので、ご期待ください。

 

【今後紹介する有名プレイヤー(予定は未定)】

”stanCifka”

”JubileE”

”amanos”

この記事を書いた人

kuroebi
ゴシップ大好き「ニコニコHSおじさん」。
連絡・要望はTwitter@kuroebi_HSまで。

-ゴシップ
-