Edgestone

世界で一番ファンキーでイケイケなマルチゲーミングチーム

images

詩を詠む

詩を詠む(スピッツ/草野マサムネ)

こんにちは。JubileEです。気が向いた時に連載するコーナー「詩を読む」です。

 

第1回は僕が大好きなバンド、スピッツ、草野マサムネさんの書いた詩を詠んでいきたいと思います。
まずは早速、彼の書いた詩を詠んでもらいましょう。

今回取り上げるのは僕が生まれた年に発表された、「海とピンク」という曲です。

 

 

ほらピンクのまんまる 空いっぱい広がる
キラキラが隠されてた
繰り返し遊んだら すぐそばで笑ってた
毒入りのケーキのカケラ

なんだかファンタジーな歌詞、ですね・・・
今にも綺麗な情景が浮かび上がってきそうです。
冒頭で出てくる「ピンクのまんまる」「キラキラ」これ、なんでしょうか・・・

続いて見ていきましょう。

しんしんと花びらも
指先で冷たくふるえてる
小さな玉砂利が
足の裏くすぐる海岸で
ちょっと君を見て 海を見て
あくびして

「花びら」・・・「小さな玉砂利」・・・なかなかゆるい言葉が並んでいるように思います。
深いですね・・・とても深い・・・これは一体どういう意味なんでしょうか・・・

「ピンクのまんまる」・・・「キラキラ」・・・「花びら」・・・「小さな玉砂利」・・・
深いですね・・・深い深い・・・

 

ハースストーンをプレイする上で"深く考える"ということはとても重要です。
みなさんも習慣づけていきましょう。

それでは素敵な一日を!

この記事を書いた人

JubileE
JubileEEdgestone代表
スピッツとかビールとかバイクなどが大好きなサラリーマン。楽しいこと、もの、ひとが好き。最近はハースストーンとシャドウバース、オーバーウォッチに夢中!

Edgestoneをはじめとする様々な活動はjubi-lee.netで。

-詩を詠む