Edgestone

世界で一番ファンキーでイケイケなマルチゲーミングチーム

GQBmzZCH_400x400

ハースストーン 雑談

V-07-TR-0Nの話

エッジストーンのメカオタ、雨池零弐です。今回は割と真面目に「V-07-TR-0N」の話をしたいと思います。

V-07-TR-0Nといえば、レジェンドミニオンの「ミミロンヘッド/Mimiron's Head」の効果で呼び出されるミニオンです。ミミロン・ヘッドを含め、3体のメカを残す必要があるので効果発動は厳しく、現状ではファンデッキにしか投入されていません。しかし、4/8突撃4回攻撃というステータスはロマンそのもの。何らかの形で攻撃バフを行ったり、手札に戻したりできればそのまま試合に勝利するというミニオンです。冷血、隠蔽、影隠れといった呪文との相性がいいので、投入するとすればローグでしょうか……。

もちろんハースストーンの元ネタであるゲーム、「World of Warcraft」にもV-07-TR-0Nは登場します。見た目はこんな奴。

ヴォルトロン

私はWoW未プレイの上に、英語も高校時代赤点を取りまくった人間なのでこいつがどんな奴かはよく分かりません!ひとくち新聞でそのうちrikapiさん辺りが紹介してくれるんじゃないかな……。

しかしそんな私でも、こいつの名前を見てからしばらく後に、あることに気づきました。

V-07-TR-0N→V07TR0N→VOlTRON→Voltron

雨池「ボルトロンだこれー!!!!

読者の皆さんの多くは「ボルトロンって何?」と思ったかもしれませんが、割とどっぷりロボオタの私としては衝撃的でした。ボルトロンというのはアメリカで人気のアニメシリーズ「Voltron: Defender of the Universe」です。実はこのボルトロン、「百獣王ゴライオン」と「機甲艦隊ダイラガーXV」という東映のロボットアニメの権利をアメリカの会社が買い取って、このまったく何の関連性も無い2作品のストーリーを統合して作られたアニメなのです。まぁぶっちゃけ人気が出たのは「百獣王ゴライオン」部分なので実質ゴライオンが原作でいいんじゃないかな。15人での合体は日本人にとっても複雑で微妙だし、アメリカ人はライオン型のロボが合体するのとか好きそうだし。このボルトロン、なんと新作が今年配信予定!アメリカでの人気の高さが伺えます。

で、元になったアニメ「百獣王ゴライオン」ですが、残念ながら私は未見です。見てる人がいたら内容教えてください。スパロボWには出てたね。ただ、OPがとっても特徴的でそっちは知ってます。

【ニコニコ動画】百獣王ゴライオン:OP「斗え!ゴライオン」

(誰かニコ動の埋め込み方教えてください。つべの方は消されてるし……。)

このOPで特徴なのは「ギブアップせい!」という歌詞でしょう。「Give up say!」ではありません。「ギブアップせい!」です。「YOUはShock!(You are shock!ではない)」並に個性的な歌詞だと思います。ちなみに私、89年生まれですが80年代のロボットアニメのOPが大好きです。この曲もカラオケで周りに全く理解されない中歌うのが割と好き。

さて、この歌「斗え!ゴライオン」には有名な替え歌があります。杉田智和氏による猥歌がこちら。

あそこがー なんだがー でーかーくなーるー

 

 

追記:記事を書き終えてツイッター見たらスタンダード導入GVG禁止でメカ終了のお知らせ(T△T)

この記事を書いた人

雨池零弐
雨池零弐
なんか知らんうちに代表にメンバー入りさせられてたヒールボット。HS歴は長いがプレイは浅い、レジェになったのは一度だけ。だいたいいつもランク2くらいで終わる。九州でもオフイベが開かれることを祈っている。

-ハースストーン, 雑談