Edgestone

世界で一番ファンキーでイケイケなマルチゲーミングチーム

oi02

漫画

本当にチートな美味しんぼ

皆さんこんにちは。でみあんです。

今日も美味しんぼの話です。

単行本はすでに100巻を越え、料理漫画界の最高峰レベルになってしまったこの漫画なのですが

今回はその中で特に頭おかしい話をご紹介します。

最近ちょっと話題になったので知っておられる人もいるかと思いますが
初期の作品中に、完全にバランスが崩れた話があるのです。
長期連載というのはえてして、
うわあこりゃやっちまった。ネタが切れてるわ。
という話が、一話二話は含まれてるもんですが、まじでシャレになってない。
どう考えても至高のメニューとの対決において、
究極のメニューに負ける要素はねえ!!と全員が納得してしまう話です。


 

美味しんぼ 6巻『日本のコンソメ』

山岡と栗田さんがクリス・ヴォーンという超能力者の実験会に参加します。
oi01

この導入部を見るとタネも仕掛けもありそうで超能力の謎を解け!みたいな話になるのかと思いますが、なんとこのクリスさんは本物の超能力者なのです。

演目終了後、クリスさんは美味しいお吸い物を飲みたいと言い出しますが、日本料理の吸い物はコンソメスープの相手にならないという輩が登場します。

勿論山岡はいつものごとく突っかかって話をややこしくします。

oi02

はいいつもの出ました。

では何日後に来てください本物の日本料理の吸い物を用意しますよというのが定番ですが、

しかし今回に限っては山岡もこう言います。

oi03

ダメじゃん。

さすがの山岡も季節外れの品は手に入らないのか・・・(当たり前)

と思っていたらクリスさんがこうつぶやきます。

oi05

oi04

は?

そうです、今回のお話は、

食材を求めて山岡と栗田さんがタイムスリップするという話です。

何を言っているのか分からないかもしれませんが全て事実です。

タイムスリップをした一行は、行く先々で旬の食材を手に入れ続けます。

調子に乗った山岡は、

最終的に岡星に寄って調理だけしてもらってトンズラします。oi06

小間使いのような岡星さん。こんなことさせられて鬱病になったらどうするのでしょうか。

ホテルのレストランで吸い物を食べ、日本のコンソメの素晴らしさを語って万々歳。  oi08読んでるこっちの台詞だよ。

oi07浮いてる!
とか小洒落たオチで終わってますが、

一番浮いているのはこの話自体なのは間違いありません。

旬の食材をいつでも手に入れられる・・・。どう考えても料理対決で負ける要素がありません。

海原雄山も土下座です。

しかしこのクリスさんがこの後作品に登場することはなく、山岡と究極のメニューは海原雄山に負けっぱなしなのでした。

出てくるわけねえわ。

おわり

この記事を書いた人

demian
demian
著者紹介:でみあん
ネットゲームやコンシューマーゲームをメインに担当するフリーマンHERO。賞歴はない。Hearthstoneでも,特に何かを成し遂げたことはない。主に歴史物シミュレーションゲームが大好物だが、アクション,RPG,スポーツゲームまで,何でも食いつく好きな漫画家は冬目景。

-漫画
-, ,