Edgestone

世界で一番ファンキーでイケイケなマルチゲーミングチーム

player

スポーツ タメになる情報

知っておきたいテニスの用語1

初めまして。
えむしーと申します。
HSは昨年の12月に始めたばかりの新参です。
その他の趣味はポケモンダブルバトルやスポーツ観戦です。
それと私は親の影響でテニスを5歳の頃から社会人になり数年経った今もなお続けております。
最近では、錦織圭選手の活躍により以前より注目度が増して皆様の中にも関心を抱かれた方がいらっしゃるのではないでしょうか。
今回はそのテニスに関する耳寄りな情報をお一つ提供させていただきます。

テニスには”シコる”という用語があります。

主に学生トーナメントシーンではこのようなセリフが飛び交います。
『言うてシコれば勝てるっしょw』

『⚪︎⚪︎高のあいつのシコり方、えげつないな』

『(謙遜気味に)自分、シコることしか出来ないんで…』

そういう年頃だから仕方な…じゃなくて、この場合で使われてる意味としては
『どんな球でも拾って相手のコートに返して、ラリーを繋ぐ』というような意味です。
相手も返され続けると体力や集中力が低下してミスが増えます。
学生トーナメントシーンではシコれる奴は強いんです。
そのようなプレイヤーを『シコラー』と呼びます。
勘の良い皆様はもうお気づきでしょうか!
そうなんです!
最近では、テニスは地上波での放送があるくらい関心が高くなっておりスポーツバーなどでも流れていることがあります。
そこでこう叫んでやりましょう!

『シコれ!シコればジョコビッチに勝てるぞ!錦織!シコれ!』
もしテニスを知らない若い女性がそのスポーツバーの店内にいたら彼女達のリアクションを楽しむことが出来るんです!合法的に!(?)
私はこの前、小学生から高校生くらいまでが出場するテニスの大会で小学生の男の子がお父さんに
『めっちゃシコって勝ったー!』

と嬉しそうに報告してるのを見ました。
お父さんはその子の頭を撫でていました。
意味を知らない方からしたらとんでもない親子に見えますがこの界隈では当たり前のように使われている言葉なのでその親子を見てる私も満面の笑みです。微笑ましい光景でした。
皆様も是非覚えておいてください。
テニス界の”シコる”という用語を。

この記事を書いた人

mcendly
Twitter:mcendly01
ゲームはHSとポケモン
スポーツはテニス
もつ鍋とfreeTEMPOが好きなおじさん
この人が最近書いた記事

-スポーツ, タメになる情報