Edgestone

世界で一番ファンキーでイケイケなマルチゲーミングチーム

curse-of-naxxramas

ハースストーン

もうすぐ環境から消えるNaxxのカードにJubileEが一言ずつ別れの挨拶を言う記事 #2

 

こんにちは。LoLもいいけどOverwatchはまだか。JubileEです。

 

gesu

 

もうすぐ環境から消えるNaxxのカードにJubileEが一言ずつ別れの挨拶を言っていくこのコーナーそれでは第2回、いきましょう。

 

reincarnate

・転生
通称「リンカネ」(英語名でリーンカーネーションと読むため)
リロイを出してリンカネしてOTK・・・だったり、断末魔とのシナジーを活かしたリンカネシャーマンといった夢のようなデッキが色々作られていましたね。発表された当初の盛り上がりはよく覚えています。シルバナスとのコンボは本当に強い。でもデッキとしては弱い。っていうかヒーローが弱い。南無阿弥陀仏シャーマン・・・

 

voidcaller

・ヴォイドコーラー
デーモンハンドロックをはじめとしたデーモンデッキの立役者というか中心。こいつがいるからデーモンデッキは成り立っている。こいついなくなったらマルガニスとかドゥームガードはどうすんだ・・・
ヴォイドコーラーのゴールデンは作ってみたかったな

 

deaths-bite

・デス・バイト
ウォーリアの強力な武器カード。このカード入れていないウォーリアのデッキって存在しないんじゃないかってほどの必須カードだったんだけれど・・・4マナ4ダメ*2断末魔シナジー持ちは強い。まさかのゴールデンカードを作ってしまった俺。後悔はしていない。

 

zombie-chow

・エサゾンビ
ザ・対アグロカードだったんだけれど・・・とてもお世話になりました。シールドミニロボに唯一まともに対抗できるカード・・・かなり採用するからこいつのゴールデンカード持ってるんだけど・・・こいついなくなったら1マナ何入れよう・・・エサゾンビのスタン落ちで新拡張に期待が高まる。

 

undertaker

・墓堀り人
日本語化されてから始めた人や、割と最近始めた人は知らないだろう。かつて極悪なまでのパワーを発揮したくさんのプレイヤーを引退させ世界中のハースストーンプレイヤーに忌み嫌われていたコイツを。そう、当時は「断末魔ミニオンをプレイするたびに(+1/+1)される」という効果だったのだ。これにはさすがに重たい腰のBlizzardもnerfせざるを得なかった。想像してみてほしい。相手はハンター先攻、1T目に墓堀り人をプレイ。自分のターン。こいつを除去できなかったらもう君は負けだ。レプラノームやら
ウェブスピナーといった断末魔持ちミニオンがぽんぽんでてきて、あっという間に3T目にはイエティサイズ(4/5)になる。そりゃnerfされるわな・・・ggopwp・・・

 

haunted-creeper

・呪われた蜘蛛
このカードの採用率の高さも尋常じゃないよなあ。優れた断末魔のおかげでナイフジャグラーなどと相性がよく、あらゆるアグロデッキに採用されている。2マナで合計3/4のスタッツはヤバイ!なんでnerfしないんだ!と声をあげている人がいたけれど、全てアタック1マナでしか返せないからこのスタッツは適切だという記事を昔どこかで読み、納得した思い出がある。ちなみにこいつのゴールデンカードを作っておくと、断末魔で生まれるミニオンも金色になってちょっぴり得した気分だぞ!

 

 

今回はここまでだ!しかしまあ本当に今でも採用率の高い現役バリバリのカードばかりで、いかにパワーのある拡張だったかがよくわかるなあ。

becky

それではまた次回!

この記事を書いた人

JubileE
JubileEEdgestone代表
スピッツとかビールとかバイクなどが大好きなサラリーマン。楽しいこと、もの、ひとが好き。最近はハースストーンとシャドウバース、オーバーウォッチに夢中!

Edgestoneをはじめとする様々な活動はjubi-lee.netで。

-ハースストーン