Edgestone

世界で一番ファンキーでイケイケなマルチゲーミングチーム

1705455

タメになる情報 雑談

“さんすう”攻略アイテム

はろーはろーみんな元気?ぼくは死にそう

巨匠だよ♪

ツイッター上では“ハンマーを振る”とか“ハンマーを握る”とか“トログサイキョー”というとっても頭の悪そうな単語が飛び交い、なんだかとっても心配になっている今日この頃・・・日本HS界の未来はどっちだ・・・!

しかし、いくらハンマーを力いっぱい振ったところで、計算ができなかったら勝てる試合も落としてしまうというもの。そう、ハースストーンはバカでは勝てないゲームなのです。

そう、今日はみんなに楽しくハンマーを振るためのマストバイアイテムを紹介しに来た。正座して聞くように。

このアイテムがあれば猿でもリーサルを間違うことがない、まさに“リー猿”になれるからこの記事を読み終わった頃にはアマゾンで売り切れ続出だと思う。大会かなんかでリーサルを間違った人にプレゼントして煽るのにも使えると思います。

そんな便利商品はこれです。

CaYVWV5VIAE2g9W

てってれー

“チェックカウンター”

日本野鳥の会で有名ですよね。

実はこれ、全国の百円ショップで普通に売ってます。

使い方はいたって簡単。盤面の打点の数だけカチカチとカウントするだけです。

え?電卓や暗算でいいんじゃないかって?

電卓ではよほど打ちなれた人でもない限り計算に時間がかかってしまい、焦ります。焦った結果なにが起きるかというと、電卓に数字を打ち間違えてしまい計算をやり直すハメになり・・・そして導火線が出て計算が間に合わないまま行動を開始し、そしてプレイが終了する前に爆発してターンが終わってしまい、そのまま顔面爆発あるあるだと思います。

暗算の場合もなんか同じような感じで顔面爆発

プレイに集中したい場面でほかのことに気を取られてベストなプレイを見逃したくはないですよね。

チェックカウンターを使えば操作はカウントボタンを押すだけなので簡単で、トログでもできるプレイに集中できます。更に、簡単な操作なので左手で操作可能で、マウスを握った手を放さなくて済むのも地味にうれしいです。

Hearthstone Screenshot 02-06-16 22.19.50

例えばこの盤面を見てみましょう。

世界大会での一幕ですね。

我らがknoさんは見事にここからのリーサルを見つけ出し勝利を収めていますが、“チェックカウンター”があれば画面の前のあなたもknoさんになれます。

まず盤面にあるミニオンの打点を計算しましょう。

2+3+3+3=11ですね。

この計算は暗算でも割とできると思いますが、チェックカウンターを使った場合、カウントボタンをミニオンの打点の数だけ片っ端から押していくだけで一瞬でできるんです。

しかも計算結果が数字として手元に残るため、以降の計算もとてもやりやすくなるんです。暗算だと、常に計算ミスの可能性に怯えて何度も検算をしたりと面倒ですよね、もうその必要はないんです!

あとは簡単ですね、引き続き「トログサイキョー」とか言いながらカウントボタンを連打すればいいだけです。

余った時間でエモートで相手を煽る暇さえありそうです。

さあ、みんなも右手にハンマー、左手にチェックカウンターを握りしめレッツプレイ!

オフライン大会なんかでみんなが一斉にカチカチとカウントを始めたら、ぼくはとても面白いと思います。

この記事を書いた人

EVE
EVE
人呼んで巨匠。
ゲーム内ではIllustBeastという名前。
自分が面白いと思うことをします。

-タメになる情報, 雑談