Edgestone

世界で一番ファンキーでイケイケなマルチゲーミングチーム

110348_201512291548552013_1

タメになる情報 ハースストーン

闘技場におけるプレイングとかとか

どうもみなさんこんにちは。どしもといいます。

最近アリーナの勝率がいいので調子乗って書いてみようと思います。

 

よく見る悪いプレイング

アリーナでは一般的に2マナのカードを7~8枚程度あるのがよいと言われています。

これはなぜかというと2ターン目で出遅れるとその後が後手になり相手にとって良いトレードをされることが多くなるから、そのために序盤の動きとして2マナを多くピックしておくということだと思っています。

一応ヒロパがありますが2ターン目の動きとしては非常に弱いプレイになります。なおローグだけは2ターン目ヒロパがギリセーフなクラスになります。1ダメを2回振り分けられるのはボードコントロールにおいて優秀です。

たまに2ターン目にヒロパして顔面殴ってくるローグがいますが完全にありえないプレイングです。やめましょう。

また2マナの動きとして初級エンジニア、宝飾のスカラベを出してくるのもよく見ますがこれは弱いプレイになります。なぜかというと盤面だけ見ると1/1単体のトレード能力は非常に低いので大抵相手の2マナに取られて終わります。このプレイはパラディンでヒロパ押してるのと変わらないです。初手の初級エンジニアと宝飾のスカラベはマリガンで飛ばしましょう

あとこういう場面で1/1を倒さず2マナで顔面にいく人もいますが、処理したほうがいい場面がほとんどです。2-3点のために鬼軍曹やダークアイアンドワーフ等の強化カードで盤面を取られるリスクを取る必要はないです。

初級エンジニア、宝飾のスカラベは2マナとしてはカウントしない方が無難です。マナが余る終盤に2マナで選択肢を増やせるっていうのは悪くは無いです。ただこいつらを積極的にピックするのは避けましょう。

2マナの発見としてプリーストに博物館のキュレーターがいますが、まずプリーストを闘技場で選んではいけない(誇張)ので割愛。

 

あと自分がやっててよく見る悪いプレイとして後攻の時に

1ターン目コイン→2マナ 2ターン目ヒロパ をしてくる人を見ますがこれも悪いプレイングの一つです。

 

後攻は基本的に後手の展開を強いられるのですが、一回だけコインを使うことで相手より質のいいカードを出すことができる機会があります。それを放棄しているプレイングになります。やめましょう。

 

闘技場におけるドローカードの価値

ドローカードといえばミニオンでいうと初級エンジニア、ノームの発明家、アジュアドレイク

また似た役割の発見で言うと宝飾のスカラベ、墓守蜘蛛などがいます。

こいつらなんですが手札が増えるという変わりに、コストに対するスタッツが低くなっています。

効果なしでスタッツが高いミニオン(イエティとか)が評価される闘技場において、同コスト帯と打ち負けるという点でこいつらの評価は低くなります。なのでこいつらをピックした時はこれらのカードはそのマナ帯のカードと数えない方が良いと自分は考えています。例外としてアジュアドレイクはまぁまぁなトレード能力+呪文ダメージを持っているため評価はそこそこ。

また例外として闇の売人とかいう最強カードがあります。ウォーロックのLOEで追加されたミニオンですが、こいつで持ってこれる1マナのカードは強いカードが多く、2/2という2マナとしてもある程度の仕事のできるカードであるためです。

 

またドロー呪文として魔力なる知性、逃げ足がありますがこれらも構築よりも評価が下がります。3マナ時の魔力なる知性、7マナ時の逃げ足は盤面だけ見ると何も影響が起きないプレイです。相手にはなんのプレッシャーにもならずに自分が後手に回ってしまうことになります。

これらのカードが価値を生かせるのは終盤手札が少なくなる早めのデッキです。これらのカードをピックした時点で早めのデッキにすることを意識したほうが良いと思います。

 

 

とりあえず今回はこれまでになります。気が向いたら他にも書いてみたいです。

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

doshimo
この人が最近書いた記事

-タメになる情報, ハースストーン