Edgestone

世界で一番ファンキーでイケイケなマルチゲーミングチーム

img_0

本能寺

本能寺野球

本能寺です、こんばんわ。

実はハースストーンと同じくらい野球が好きな僕ですが、2015年シーズンの結果を元にしたTier Listと、各チームの昨シーズン振り返り、および2016年の展望を簡単に書き留めていきたいと思います。

 

 

Tier1

 

・東京ヤクルトスワローズ

2015年シーズンは、トリプルスリー達成の山田を筆頭に、川端畠山を中心とする打線でセリーグNo.1の得点力を展開。怪我で離脱のバレンティン、期待ほどの成績を残せなかった雄平という計算外もありながら、この結果はまさにセ界の火ヤク庫といったところか。

2016年はバレンティンの復活、雄平の復調がやはり打線の最注目ポイントか。課題だった外野手の補強に坂口鵜久森が加入し、野手は更に層が厚くなっている印象。

引き換えに投手陣は不安要素大。なんといっても鉄壁を誇った守護神バーネットの退団が影響は必至、抑え候補は実績から言えば秋吉オンドルセクといったところだろうが、二人とも優勝の代償としてフル回転の起用を求められていたため、今年も同じ活躍が見込めるかが懸念点か。

先発陣は、小川石川館山の3本柱に次ぐローテーション投手の登場が待たれる。成瀬の復活、山中の成長が無ければ連覇は厳しいのではと思われる。

 

 

・読売ジャイアンツ

最後の最後まで首位ヤクルトと接戦を繰り広げた2015年、その原動力となったのは間違いなく投手陣。菅野マイコラスポレダはもちろんのこと、新戦力の高木勇守護神澤村といった面々が当初の予想を上回る活躍を見せたのが大きい。

反面、杉内内海大竹といった、本来活躍が求められる投手たちが軒並み不振に終わり、さらには野手の中心となる坂本長野村田の低迷、阿部の起用法の迷走などが影響し、最後に競り負けた形か。

2016年、監督も代わりこれまでとは違ったチームカラーを出してくると予想される。立岡岡本といった若手の台頭はもちろん、更なる外国人選手の加入による競争の激化も必至。これまでは良くも悪くも「阿部が中心」となるチームだったが、そこから次世代を見据えていくにはやはり、坂本が存在感を更なるものとしていく必要があるのではないか。

 

 

Tier2

 

・阪神タイガース

2015年は首位で夏を越えたものの、打線の不調、中継ぎ陣の不安といった要素が終盤一気に露呈し、大きく離される形での3位と終わった。
今年は更にマートンオスンファンといった主力選手の退団に加え、安藤福原福留の高齢化も響いてくるだろう。ていうかノウミサンももう37歳とかやべえよ。

キーポイントは多数あるが、中でも最たるものはやはり若手の成長をおいて他は無い。既にエースの成績を残しながら、まだ発展途上という感すら漂わせる藤浪を筆頭に、松田歳内といった守護神候補、江越梅野のスタメン定着、ルーキー高山の活躍、西岡球児の復活、このあたりが期待されるポイントか。

金本監督という新しい環境で、長いスパンでの改革を実現していくという方針は既に掲げられている。北条陽川横田などといった将来の中軸を担う選手たちも、今年は一軍の打席を経験して後に繋げていってもらいたい。

 

 

・広島東洋カープ

昨シーズンはなんといっても黒田新井貴の復帰という、誰が聞いても信じがたい出来事が同時に起こったハプニングイヤー。黒田は期待通り、新井は期待を遥かに上回る成績でチームに貢献し、CS争いに最後まで食らいついた。

ただ、ジョンソンマエケン黒田といった投手陣を援護しきれない打線、特にあと1本に泣かされる光景が多々見られ、勝負どころで決めきれない決定力不足を痛感するシーズンでもあった。

今年はマエケンのメジャー移籍に伴い、更に厳しい状況にあることは確か。結果を出せたとは言えない成績に終わったセットアッパー大瀬良の再コンバート成功や、失速の原因ともなった菊池エルドレッドの復調、新加入のルナ岡田の活躍などがなければ、上位入りは厳しいのではないかと思われる。

 

 

Tier3

 

・中日ドラゴンズ

去年は長年のファンをして「大野若松の試合しか楽しみが無い」とまで言わしめた、内容の悪い試合が続く不本意なシーズンとなった。
更にそこから山本昌小笠原和田選手谷繁の引退という、「強い中日」を象徴する選手たちが抜けていくことで、今年は新生中日に向かうための激変期となることは間違いない。

ポジションが約束されている選手はもはや平田大島のみで、他はベテラン・ルーキーを問わず競争の中に居ると言っても良いのではないか。特に高橋周平はチャンスを与えられながら結果を出せず、やむを得ず森野がサードに収まるという状況を招いていた。主軸候補としての高橋の成長は中日にとっての最優先事項であろう。

新戦力で言えばビシエドが期待できそうな情報を耳にする。中日の外国人といえば常に不気味な存在であり続けてきたので、その系譜を引き継げるか。

また、球団にとっての懸念事項として「ファンの中日離れ」も無視できないと思われる。ナゴドの球場メシを強化するなど、対策を立てて打開に努めてもらいたい。

 

 

・横浜DeNAベイスターズ

グリエルの来日拒否から始まり、やはり横浜は今年も横浜かと思われた昨シーズン、なんと開幕からのスタートダッシュで4月には単独首位に。勢いという単語だけでは説明できない強さのまま交流戦を迎えたのだが…なんとそこで全カード負け越しという結果に。大混セを引き起こす要因となる、波乱の年となった。

今年は新たにラミレス監督を迎え、彼がどんなチーム作りを行うのか全く読めない状況。とはいえ分かり切っている課題として、リーグワーストの投手陣をどう立て直すのか。1年間ローテを守った投手はおらず、久保以外は全員負け越しという先発陣にメスを入れなければいけないのは間違いない。

打撃面では筒香梶谷ロペスといった中心選手が安定した成績を残した上で、荒波石川といった中堅どころも上積みを期待したいところ。多少の失点は打線がカバーする形で、勝ち試合をヤマヤスが確実にものにしていければ、悲願のAクラス入りも夢ではないと思われる。

 

 

どうでしょうか。3月末の開幕が今から楽しみですね。

キャンプも既に第二クールを迎えています。オープン戦がひと段落した頃には、順位予想なども書いていければと考えていますので、皆様もお付き合い頂ければと思います。

この記事を書いた人

teruchika
teruchika
闘劇2004ヴァンパイアセイヴァーBEST4。
ハースストーンは足し算ができなくてリーサル見逃すんだ、すまねえな。
今後は本能寺と呼んでくれ。

-本能寺
-, , , , ,