Edgestone

世界で一番ファンキーでイケイケなマルチゲーミングチーム

Reincarnate

ハースストーン

転生の使い方

老若男女のハースストーンファンのみなさま、ごきげんうるわしゅう。
自宅の書斎から、杉本です。
晴れてedgestoneのメンバーにしてもらうことができました。
ヤコブお兄さんともども、がんばってまいります☆

◆カードにスポット!
これはロマン記事です。
あんまり実践に役立つことはなさそうな、でも個人的に大好きなシャーマンのカード「転生」の使い方についてです。

このカードはだいぶ前に流行した時期があったのですが、いかんせんシャーマンそのものが弱すぎて、最近はあまり見なくなりました。
そして、「スタンダード」の導入とともに消えます……これは追悼の記事でもあります。
このカードを愛してやまない、個人的な熱情に基づいて、転生の活用方法について書かせていただきます☆
このカードの消滅まであと少し……この記事を読んで気が向いたら、あなたも「転生」で遊んでやってください。

◆体力満タン!
もっとも基本的な使い方は、体力を最大にすることです。
敵を殴ってから使うのは基本中の基本。

◆断末魔その1!
断末魔を発動させることができるので、《シルヴァナス・ウィンドランナー/Sylvanas Windrunner》(断末魔:対戦相手のミニオンを無作為に1体選ぶ。そのコントロールを奪う)と組み合わせると超強力です。
シルヴァナスの効果が出て、さらにシルヴァナスが健在なわけです。

《ケルスザード/Kel’Thuzad》(各ターンの終わりに、そのターン内に破壊された全てのあなたのミニオンを召喚する)にかけると、ケルスザードが「破壊された」扱いになり、ターン終了時に2体に増えます。

他には《筆頭家老エグゼクタス/Majordomo Executus》(断末魔:あなたのヒーローを《炎の王ラグナロス/Ragnaros the Firelord》に置き換える)にかけて、自分のタイミングでラグナロスになるプレイもなかなか強力です……場にエグゼクタスが残るので、そいつをうまく活用するのが楽しいですね。
エグゼクタスは9/7とステータス的にも強いので単純に敵を倒すだけでもいいですが、ヒーローパワーを使ったあとでもう一度断末魔を発動させられれば、同じターンに2回目のヒーローパワーを打つことができます──ラグナロスのヒーローパワーは「無作為に選ばれた対戦相手のヒーローかミニオンに8点のダメージを与える」なので、これは強力なプレイです。そのさい、HPも8に戻ります。

◆断末魔その2!
破壊したらこちらのメリットになる敵カードにかければ、いろいろもらえます。
《デスロード/Deathlord》(挑発。 断末魔:対戦相手のデッキから無作為に選ばれたミニオン1体を対戦相手の場に出す)にかけて、ランダムなミニオンを呼ぶ!
《エサゾンビ/Zombie Chow》(断末魔:対戦相手のヒーローの体力を5点回復する)にかけて、5点回復!
などなど。

◆リフレッシュ!
敵からデメリット効果(「静寂」など)を受けた味方のミニオンを、受ける前の状態にします。
逆に、バフ(強化)効果をつけられた敵にかけて、強化前の状態にもできます。
ただし、断末魔も発動する点は注意しておく必要があります。
敵の《古代の番人/Ancient Watcher》(攻撃できない)に静寂がかけられたところへ、リフレッシュさせてデクの棒に戻してしまうことも。

雄叫び効果をもなかったことにできるので、《トワイライト・ドレイク/Twilight Drake》(雄叫び:あなたの手札1枚につき+0/+1を付与する)を4/1ミニオンにしてしまうような使い方もできます。

◆突撃! 突撃!
突撃の能力をもつミニオンを召喚して、攻撃したあとで「転生」をかけます。
すると、もう一度、突撃することができちゃいます。
リイイイィィィロオオオォォォイ!
ジェエエンキイイイイィィィンスウウウゥゥゥ!
《風の王アラキア/Al’Akir the Windlord》(疾風、突撃、 聖なる盾、挑発)と組み合わせて、合計4回攻撃することもできます。
リロイもアラキアも、ダメージは12点。

◆小ワザ。
転生をかけたミニオンは盤面の右端によみがえるので、ミニオンの位置を変えたいときに役立つことがあります。
たとえば、《炎の舌のトーテム/Flametongue Totem》(隣接するミニオンは+2/+0を付与する)をうまく位置替えできると、与えられるダメージが何点か増えます。

◆総評。
「転生」というカードは使い道が多いけれども、これを搭載したデッキはパッとしなかった……というか弱かったです。
でも、うまくかみ合うとすごく強い動きを見せることもあったし、ハースストーンをやるうえで
とても重要な「発想の柔軟さ」を身につけるのに、とてもいいカードでした。

◆お別れの言葉。
ありがとう、転生。
いつか、ロマンデッキじゃない君と、手を取って戦える日が来ることを祈っているよ。

この記事を書いていたら、友だちに冷静な顔で「ワイルドで使えばいいじゃん」と言われました。
その手があったか。

それではまた。

この記事を書いた人

sugimotojohn#1445(NA)
sugimotojohn#1445(NA)
アナログゲームライター。
ゲームブックやボードゲーム攻略本を書いて生きています。

-ハースストーン