Edgestone

世界で一番ファンキーでイケイケなマルチゲーミングチーム

img_138c73d33893f97c8171b3c87690391c1325041

ハースストーン

社会人がハースストーンを上達させるためには

私のように「社会人」という拘束された時間のなかで、ハースストーン(以下、HS)が持つ世界観に浸り、その魔力に取りつかれてしまった人はきっと少なくないはずです。

「仕事でプレイする時間があまり取れない」
「プレイングがなかなか上達しない」
「だから思うようにランクが上がらない」
「アリーナも5勝以上できない」
「もっと効率よくうまくなりたい」

そしてこんな悩みに日が一日苦しんでいる社会人は私だけではないでしょう。

どうすれば時間がない社会人の私でも、HSがうまくなれるの?

答えはいつもシンプルです。

常日頃から考えることです。ただ考えるだけではいけません。頭の中で繰り広げられているHSが言葉となり、自然とあなたの口から出るまで考えることです。ここで常日頃というのは仕事中も含まれます。

そうすれば、実際のプレイにもその思考が反映され、今よりも上のランクに上がることができ、ひいては身についたHSスキルがあなたのビジネスにも反映するでしょう。

ここでは、実際の社会人生活でどのようにHSが使われているのか、私の実体験をもとに紹介し、HSと上手に付き合える方法をお教えします。
あなたのHSライフに役立ててみてください。

 

▼社内にて、上司への商談報告

上司「●●君、先日のレクサー商事との商談の件どうだった? 今後ウチとシナジー効果は得られそうか?」

私「その商談ですが……すみません、成立せずに終わりました。序盤のプレゼンではうまくテンポが取れていて、アドバンテージはこちら側にあったのですが、中盤の質疑応答で後輩の山田が資料事故起こしてしまって……気づくと相手のペースに乗せられ、結局コンシードして帰ってきました。申し訳ございません」

上司「そうか。君達ではヘルスが持たなかったか。まぁ、今回はお前もいい勉強になっただろう。新人のRNGは商談につきものだからな。ははは。次回はちゃんとその辺りケアするように。山田君にはお前からしっかりと教育しバフつけてやるんだな。今回はとりあえずgg」

これは、とある午前に行われた上司との会話の一部です。

ここで着目したいのは上司もHSプレイヤーということです。
フレンド申請して、上司との絆を深めるのもいいですね。

 

▼先輩とタバコ休憩

先輩「今夜合コンがあるんだけど、一人欠員が出てしまってな。急遽お前にピンチヒッター頼めないかな」

私「僕でよければそのラダー戦、喜んで参加します。ちなみに向こうの職種はどんな感じですか? それによって僕達の攻め方をアグロ寄りにするのか、コントロール寄りにするのか決めないといけませんよね」

先輩「歯科衛生士だ」

私「高ランクですね」

先輩「それがそうでもない。一見、ランクが高い猛者に見えるが、スタッツが高いバニラを並べるだけの相手だと思えば気が楽だ。実際、女医やCAといった高スペックミニオンデッキとわけが違うだろ? プレイ中は特攻しすぎず、だからといって持久戦に持ち込むと飽きられてしまうから、盤面を見ながら着実にフェイスを削り取る感じが理想だ」

私「了解です。ということはミッドレンジ寄りの攻めですね。テンポを意識するようにします」

先輩が私にHSの存在を教えた憎き元凶です。

 

▼合コンにて

ここでは、実際の合コン中に役立つ用語の使い方を紹介します。
あなたも用語を駆使し、盤面を有利に進めましょう。

敵ミニオンがすべてハズレのケース
私「先輩、AoE任せました」

しゃしゃり出てくるミニオンが邪魔なケース
私「先輩、あのトーント持ち処理れます? その後僕が隣の娘のディバインシールドをチャージで剥がしますから」

敵ミニオンがすべてアタリのケース
私「先輩、僕に盤面クリア任せてください」

 

▼【番外編】
では、先述の合コンで、お目当ての娘と番号の1:1トレードに成功したあなた。そのままの勢いでリーサルまで持っていきましょう。

無事、ホテル(あなたの家でも可)まで連れ込めたら、あなたは服を脱ぎます。
もしここで、相手の女性に、「やだ、●●さんのアソコop」と言われたら、あなたはすかさず「nerfしがいがあるでしょ」と返しましょう。相手の女性が頬を赤らめながら頷けば、プレイ開始の合図です。

ここでも、テンポを意識することが重要になります。
セックスはトレードオフの関係にあります。つまり、あなたが自身の快楽ばかりを求めたら、相手はファティーグを起こし、相手のライフは無駄に削れていくばかりです。
あなたは、自分のライフをケアしつつ、自分が出せるバーストダメージを計算しながら、相手のリーサル圏内まで盤面を進めることが常に大事になります。
もし途中で、あなたは理性を失い、攻める順番を間違えれば、テンポアドは失われ、あなたにとって盤面は悪い方向に傾きます。

そして無事リーサルを決めたら、あなたは次のように声を掛けることを忘れてはいけません。HSプレイヤーとして、プレイ後に相手を称えるのは大事なことですから。
「ggwp」
相手が笑顔で「ggwp」と返したら、後日リマッチが期待できそうですね。

-ハースストーン