Edgestone

世界で一番ファンキーでイケイケなマルチゲーミングチーム

m7

ゲーム

2016/02/17 HS民で『マジック:ザ・ギャザリング』オフ 結果報告

kuroebiです。先日開催されました「第1回 HS民で『マジック:ザ・ギャザリング』オフ」のご報告をさせて戴きます。

最初に、今回のイベントでスペースおよび講習用デッキを無償提供して下さった≪晴れる屋トーナメントセンター様≫に感謝を。

Off01

講習会中の一コマ 他のみんなは目線をくれたのに天野さんはゲームに集中(笑)

当日の情報

参加者…8名+見学1名

一人当たりの費用…900円+飲食費

当日のタイムスケジュール

14:00 JR高田馬場駅 早稲田口 集合

14:05 晴れる屋トーナメントセンター到着

14:10 kuroebiによるマジック・ザ・ギャザリング講習会開始

17:00 ブースタードラフト開始

21:00 ブースタードラフト終了 晴れる屋トーナメントセンター撤収 レストランへ

23:00 現地解散

ようこそ! 『マジック・ザ・ギャザリング』の世界へ!  ~ 当日のお話 ~

今回の参加者は『マジック・ザ・ギャザリング』未経験者4名、その中でもトレーディングカードゲーム初体験が1名ということを事前に聞いており、ドキドキしながら当日を迎えました。

何故なら私自身、プレイヤー経験は18年と長いものの、『マジック・ザ・ギャザリング』を人にレクチャーさせて頂いたことがほぼ皆無だったからです。

「こうなったら、ノリと勢いで乗り切ろう!」と吹っ切れたのは、当日の朝でした・・・。

 

今回スペースをお借りした≪晴れる屋トーナメントセンター様≫は『マジック・ザ・ギャザリング』専門店です。

目玉は何と言っても【国内最大】と言われるゲームスペース、そして専門スタッフによる丁寧な接客サービスです。

一般的なゲームショップを想像していたと思われる参加者の皆さんの、お店に入った瞬間のリアクションは痛快でした(笑)

「な、なんじゃこりゃ~~~~~!!!」

16abe35e027d4fcc472d23db57d7bbd6

約300席あるゲームスペースの広さは圧巻の一言

我々が訪れた時には既に100名近いプレイヤーが遊んでいまして、その熱気にも驚いていたようですね。

また店舗の中にお菓子や軽食などを販売しているスペースや休憩用の読書スペースがあり、晴れる屋様の「一日中居られる空間作り」の精神に感銘を受けていた人もちらほらと。

 

そんな興奮冷めやらぬ中、店内スタッフの方にところどころサポート戴きながら、講習会がスタート。

講習用デッキを使用して、まずはカードの種類、ゲーム全体の流れ、プレイヤー同士の読み合いやカードのやり取りなど、判りやすい説明を心掛けながらレクチャーしていきます。

当初はどうなる事かと思っていましたが、それは全くの杞憂でした。

トレーディングカードゲーム経験者が多かったのもありますが、なにより『ハースストーン』との共通点が多いゲームなので説明がとにかくラクでしたね。

「このカードに書いてある『速攻』って能力はなんですか?」

「あぁ、それはハースストーンの『突撃』です、すぐ攻撃できるやつ」

「おお、オッケーです!」

こんな感じでどんどん知識を吸収していってくれて、見ていて嬉しかったです。

ものの30分ほどで各々がゲームを出来る状態になり、対戦相手やデッキをローテーションしながら、そして時には参加者同士でディスカッションしながら会は進んでいきました。

 

そして17時頃、途中参加組も揃い、今日のメインであるブースタードラフトを開始します。

私以外の『マジック・ザ・ギャザリング』経験者の3名もブースタードラフトは初挑戦でしたので、手順を確認しながらの進行となりました。

03

ブースタードラフトとは、『マジック・ザ・ギャザリング』のブースターパック3つを使用したゲームです。

ブースターパックにはランダムに14枚のカードが封入されており、それを『ハースストーン』の闘技場のように1枚ずつ順番に取っていきます。

気に入った1枚を取って残りを隣のプレイヤーに渡し、反対隣のプレイヤーから渡されたパックから1枚取って、また残りを隣のプレイヤーに渡し、という手順を3パック分繰り返します。

最終的に手元に集まったカードからある程度厳選してデッキを作り、いざ対戦です。

004

『マジック・ザ・ギャザリング』の招待制賞金大会「プロツアー」でも採用されているゲームルール

 

みんな初めて目にするカードの群れに四苦八苦しつつも、ニコニコしながらプレイしているのが印象的でした。

また、わからないことがあっても、私や店内スタッフの方がその都度フォローするかたちでトラブルも無く、まったり楽しんで戴けたようです。

ショップに来ていた私のマジックの友人達もこの会が興味深かったらしく、微妙に注目されてましたね。

天野さんは秦佐和子さんと番組をやっている影響で、佐和子さんのファンに絡まれてました(苦笑)

 

そんなこんなでたっぷり『マジック』を堪能しました。最後に使ったカードを全員で分配して、21:00頃にお店は撤収。

近くのレストランで食事をとりながら、みんなで『マジック』のこととか『ハースストーン』のこととかを語りながら23:00頃解散となりました。

とっても楽しい一日を一緒に過ごしてくれたみんなに感謝です、お疲れ様でした!

参加者の声

参加者の方々が当日の感想をtwitterで呟いてくれていたので、勝手ながらいくつか抜粋して紹介させて頂きます。

天野さんは以前、ほんの少し『マジック』を触っていたそうですがブースタードラフトは未経験、普段使わない弱めのカードを駆使して戦うのが新鮮だったとのこと。

ヤンダさんはトレーディングカードゲーム初体験でした!楽しそうにプレイしていたヤンダさんこそが、今回の会の一番のご褒美でした^^

しっかり戦略を考えてドラフトに臨んでいて感心しました。今回は運良く直接対決で勝てましたが、次はやばいかも・・・。

他のカードゲームをやりこんできただけあって、飲み込みも早く、ブースタードラフトでも順調に勝ち上がってきていたのは流石ですね!

どしもさんは『マジック』経験者として、今回の会で私の手が回らないところをサポートしてくれました。感謝。

crossさんには『ハースストーン』でわからされっぱなしだったので、自分の土俵で「わからせて」おきました(笑)

のどぐろさんの一言が無ければ、今回の会は開かれていませんでした。ありがとうございます。

それにしてもこの画像の方は誰なんでしょうか・・・(すっとぼけ

次回予告

「またやりましょう!」「次回は参加させてください!」というお話を戴きましたので、継続的なイベントとして開催していきたいと考えています。

今回講師を務めさせて頂きましたkuroebiと、発起人ののどぐろさんの都合が合い次第、また告知させて頂きたいと思います。

この報告を読んで、「次回は自分も参加してみたい」と思って戴けたなら幸いです。

 

以上です。最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いた人

kuroebi
ゴシップ大好き「ニコニコHSおじさん」。
連絡・要望はTwitter@kuroebi_HSまで。

-ゲーム