Edgestone

世界で一番ファンキーでイケイケなマルチゲーミングチーム

19bc8f80fa0603d4f4892c37e22721f9

スポーツ

もしも ハースストーンの世界で サッカーチームを組んだなら

初めまして、Hajimash(はじまっしゅ)と申します。

突然ですが、私はサッカーが大好きです。
もうすぐJリーグも新しいシーズンが始まりますし、海外サッカーもシーズンが佳境に入る頃合いでしょうか。

そんな中で私はふと、こんなことを思いました。

「Hearthstoneでサッカーチームを組んだらどうなるだろう」と…

〜メンバー選抜について〜

メンバーを選ぶ際に、以下の条件を設けました
・基本的には各ヒーロー固有のミニオンからメンバーを選ぶ。
・外国人選手枠(中立ミニオン枠)は各チーム3名まで。
・レジェンダリーミニオンは2名まで。
以上の条件でチームを組んでいきます。

〜パラディン編〜

まずは私が個人的に好きなヒーロー、パラディンのチームをご紹介します。
堅実な守備と素早い攻撃が持ち味のチームです。

パラディン

FW
マーロック騎士
黒騎士
アージェントの騎兵
MF
謎めいた挑戦者
ウルダマンの番人
シールドミニロボ
DF
ティリオン・フォードリング
王の守護者
身代わり
アージェントの護衛
GK
アルダーの平和の番人

ではここからは、私がこのミニオンたちを選んだ理由を説明したいと思います。

マーロック騎士・・・カエルかわいい。11人しか出場できないはずのピッチになぜか魚が沢山いるのは彼のせい。ボールを奪おうとしても魚が邪魔でなかなか奪うことができず、魚臭さもあって敵DFには嫌われる。

黒騎士・・・名前に【騎士】が入っているという理由で選抜。敵の挑発付きミニオン(=相手DF)を無条件に1人退場させます。一体何人のDFを倒したんですか?「おまえは今まで食ったパンの枚数をおぼえているのか?」…すみませんでした。

アージェントの騎兵・・・騎士っぽいから選抜。アージェントの護衛との『アージェントホットライン』で右サイドの制圧は容易(アージェントの司令官?従騎士?知らんな)。突撃と聖なる盾で敵陣をえぐり、チャンスを演出する。

謎めいた挑戦者・・・彼のボールを奪おうとすると不可解なことが起こる。奪ったはずのボールが彼の足元にワープしたり(救済)、彼の近くのチームメイトのパワーが上がったり(仇討ち)、後ろから突然身代わりが飛んできたり(身代わり)…

ウルダマンの番人・・・パラディンの中盤の底を固める司令塔。味方を強化することも、敵を弱体化させることもできる万能MF。

シールドミニロボ・・・スタン落ちしてもサッカーの世界ではまだまだやれると意気込んでいるチーム唯一のメカミニオン。どんなデッキにも合うだけあってどんなポジションでもこなすことができる。

王の守護者・・・ここぞという守備力と前線でも活躍できるパワーでパラディンのディフェンスラインを引っ張る実力者。ヒールボットのスタン落ちでスタメンを勝ち取った。今後は活躍が期待できるか?

ティリオン・フォードリング・・・パラディンの守備の要はやはり彼。彼に睨まれればたちまちボールを奪われてしまうだろう。貫禄、実力ともに兼ね備えたベテランである。

身代わり・・・生きてるー!彼の英語版の名前をご存知だろうか。そう、【Defender】だ。彼をここに置かずして誰をここに置くのか。味方のピンチにはすかさず参上する運動量豊富なセンターバックである。さらに、彼のイラストでは左手を高く挙げている。これはきっとオフサイドをアピールしているのだろう。

アージェントの護衛・・・アージェントの騎兵とのコンビネーションは抜群。彼がいることでパラディンのディフェンス陣は臆することなく敵ミニオンにぶつかっていけるのである。ありがたい話だ。

アルダーの平和の番人・・・もうお分かりではなかろうか、彼がなぜここに居るのか。彼の英語名は【Alder Peacekeeper】…当然、ゴールキーパーだろう。彼の力で敵ミニオンの放つシュートなどハエが止まるほどのものである。

〜終わりに〜

いかがでしたか?
ほとんどが私の脳内で繰り広げられた不毛な妄想であり、事実とは全く関係がないことをここに記しておきます。

『このポジションはどう考えてもこいつだろう!!』
『こんなのありえない!カエルがサッカーをするだと!?』
『ムグァルムグゥルガルムル!!』
などなど、感想やお叱りの言葉、お待ちしております。

次回があれば、またお会いしましょう。
読んでいただき、ありがとうございました。

この記事を書いた人

Hajimash
Hajimash
サッカーと酒場の喧嘩を好む未成年タップダンサー(自称)

-スポーツ