Edgestone

世界で一番ファンキーでイケイケなマルチゲーミングチーム

dhr

未分類

「リアル脱出ゲーム」なんてのも、たまにはどうだろうか。

2016/02/28

初めに

みなさん。こんにちは。少年探偵SCRAP団のquronoです。

ハースストーン楽しんでますか?
楽しんでますよね。
でもちょっと対人戦につかれてないですか?

つかれてる?
じゃあたまには人と協力して遊ぶのもいいでしょう。

そんなあなたに、今回の投稿はリアル脱出ゲームについてです。
ハースストーン界隈では、あんまり流行ってないと思うんだけど、ぜひみんなにやってみてほしい。

ちなみに、みなさんやったことありますか?
やったことない??
じゃあ、ちょっとだけ説明しましょう。

リアル脱出ゲームとは

ナレーター
あなた達は、世界を救うために、この研究所に忍び込みました。

ナレーター
世界を救うには、1時間以内にすべてのなぞを解き、この部屋のどこかにある、ミサイルの停止装置を探し出すしかありません。

ナレーター
もし1時間以内に脱出できなければ、ミサイルが発射され、世界は崩壊してしまうでしょう。

ナレーター
さあ、仲間と協力し、すべての謎を解き明かし、世界の崩壊を防ぎ、みごと脱出するのです!!

こんな感じです。だいたい。ほんとだいたいね。
とはいえ、さすがに雑すぎて伝わらないと思うので。最大手のリアル脱出ゲーム制作会社SCRAPさんから説明文を借りてきました。

リアル脱出ゲームとは
2004年に発表された「クリムゾンルーム」というネットの無料ゲームを発端に、爆発的に盛り上がった「脱出ゲーム」。そのフォーマットをそのままに現実 世界に移し替えた大胆な遊びが「リアル脱出ゲーム」。
マンションの1室や廃校、廃病院、そして東京ドームや六本木ヒルズなど、様々な場所で開催されている。2007年に初開催して以降、現在までに160万人以上を動員。
日本のみならず上海、台湾、シンガポールやサンフランシスコなど全世界で参加者を熱狂の渦に巻き込み、男女問わずあらゆる世代を取り込む、今大注目の体験型エンターテイメントである。

あとすごいカッコいいPVもあるから、ぜひそっちも見てほしい。

僕も(私も)やってみたい!

興味はわいてきたでしょうか?
やってみたくて堪らなくなってきましたよね?

じゃあ早速チケット買って遊びに行きましょう。
なんと、「リアル脱出ゲーム」は毎日開催されています。
SCRAPさんすごい。かっこいい。
http://realdgame.jp/event/

タイプ別公演説明

今すぐプレイしてみたい。でも、どの公演に参加したらいいか悩む?
公演のタイプ別に説明するから参考にしてくださいね。都内以外でもいろんなところでやれるからね。
※SCRAPの公演しか詳しくないのであしからず。。。

1.大型
mainimage01会場:大きい会場(幕張メッセ/競馬場/●●ドーム/遊園地 等)
開催:年に数回 ※公演によっては全国ツアー的に各地の会場で実施される。
人数:一人でも参加できる公演が多く、1チームの人数制限もないことが多い。
ただし、6人くらいが楽しむ限度
お一人様やお二人様を集めてチーム組めるようにフォローしてくれる。
全体の人数は200人とか300人とか、会場によってはもっと多い。
時間:大体どれも制限時間は1時間。導入と答え合わせ含めて、1時間半から2時間程度。
特徴:第一の謎が会場中に隠されたヒントをもとに解くケースが多い。
※なのでチームが一人や二人だとかなりつらい。
誰もいない夜の遊園地や競馬場、その会場の普段は入れない場所にも行けることも。

2.ホール型
ho-ru会場:SCRAPの常設会場
開催:毎日
人数:1チーム5~6人。1回の公演ごとに15チーム前後同時にプレイする。
6人ぴったりいなくても、少人数参加者同士で、チームを勝手に組んでくれる
挨拶はしっかり。“よろしく、我が友よ!”
時間:制限時間1時間の公演がほとんど。最初からクライマックスの20分公演もある。
特徴:机に用意された5個程度の小さい謎を解くとヒントがもらえて、次の謎が渡されるパターンが多い。

3.ルーム型
ru-mu会場:SCRAPの常設会場(アジト系)
開催:毎日
人数:2~10人。1回の公演で1チームだけ。全員で協力してプレイする。
時間:制限時間は30分~60分。公演によっては追加料金で時間延長システムがあったりも。
特徴:ほんとに閉じ込められる。お化け屋敷のハイブリッドだったりも。
まずは部屋を全部ひっくり返すんだ。

4.遊園地型
yuenchi会場:遊園地(東京ドームシティアトラクションズ/ひらかたパーク 等)
開催:年数回。一定期間(3か月前後)。
人数:制限なしがほとんど。一人でも頑張れる。
時間:遊園地が閉まるまで。最悪閉まっても公演が終わるまではチャレンジし続けられる。
特徴:遊園地のイベントとして提供され、アトラクションに乗るとヒントがもらえることが多い。
アトラクション料金は別だけど、セット販売とかもされている。
遊園地中を回ることになるので動きやすい恰好で。

5.フィールド型
fi-rudo会場:その辺(地下鉄/街中 等)
開催:年数回。一定期間(3か月前後)
人数:制限なし。これも一人でも頑張れる系。
時間:開催期間が終わるまで。
特徴:実際に、街や駅を謎を解きながらまわる。スマホやガラケーを利用することも。
一般の人の邪魔にならないように遊ぼう。

6.その他特殊なの
会場:いろいろ
開催:不定期
人数:いろいろ
時間:いろいろ
特徴:トイレの個室から脱出だったり、映画館から脱出だったり、まだまだいろんなのがあります

どれから参加しても大丈夫。気になったやつに飛び込もう。

ゲームの流れとポイント

最後に簡単によくあるゲームの流れとポイントをいくつか。※主に大型/ホール型の話

よくあるゲームの流れ

0.導入
ゲームの世界観や現在の状況からヒントまで、いろいろ説明してくれる。
素敵な世界観の公演も多い。大いに楽しめ。
大事そうな単語はメモした?すでにゲームは始まっている

1.小さい謎を複数個解くsikurepara
最初から全部卓上にあったり、会場を歩き回ってヒントを探したりする。
チームで上手に分担して取り組もう。
わからなかったら悩まずにほかの人にパスすると一瞬で解けることもしばしば。

2.新しい謎をもらう

Mysterious_Challenger小さい謎を解くときっと新しい謎がもらえる。
新しい謎もまた小さい謎だったら繰り返すんだ。

3.最後の難問に挑戦
deckrankingそこに至るまでのすべての情報を駆使して最後の謎を解く。
首からかけているストラップは確認したか?一度も使ってないアイテムや情報はないか?
同じような模様をしているところは?
かなりの確率で、今まで解いてきた答えや問題も絡んでくるぞ気を付けろ。
ひらめいたら声に出すんだ。その声を聴いて仲間がひらめく

4.ほんとにそれで大丈夫?
Doomhammerほんとに本当に答えはそれで大丈夫?
頭空っぽでハンマーを振ってるだけじゃなかったか?
簡単に出る答えは答えじゃない。ひっかけだ。ミサイルの発射は停止したけど
自分は爆発したなんてかっこ悪いぞ。
見逃したキーワードはないか?最後の問題が解けた時が一番”キモチイイ”
気持ちよくない?じゃあそれはまだひっかけ問題にかかったままかもしれない。
"キモチヨク"なるんだ。

5.答え合わせ
すべての問題を、わかりやすいプレゼン付きで解説してくれる。
最後の問題が解けてた?本当に?
残念ながら答え合わせで半分以上の人がひっくり返されるだろう。
でも"キモチイイ"。だめでも楽しい。でも悔しい。
完璧に解き切った時はサイコーだ。あんたがヒーローだ
だって、ほとんどの公演のクリア率は10%前後なんだから。

おわりに

結局、何が言いたいかっていうと。
面白いことがあるんだよって伝えたかったのもあるけど、
最近、「リアル脱出ゲーム」やれてないから一緒に行こうよ。ってこと。
嫁と二人で行くのも楽しいが、6人集めて全部知り合いってのも最高だと思うわけです。
ぜひ参加表明待ってます。

この記事を書いた人

qurono
qurono
しがない社会人HSプレイヤーの一人。シャーマンの人。

-未分類