Edgestone

世界で一番ファンキーでイケイケなマルチゲーミングチーム

001

ゲーム

【Shadowverse】ウィッチ・ブーストOTK【デッキ紹介】

2016/03/02

こちらの記事を読む前に、Shadowverse CBT初日雑感を読むことをお勧めします。(アクセス稼ぎでは無い)

固有能力や名詞の後ろにはHS的注釈を付けております。HS民に分かりやすく、をモットーに書かせて頂きます。(露骨な媚売り)

 1週間が経って・・・

クローズドベータテスト(CBT)が始まって1週間が経過した。日々のキャンペーン企画でかなりの額のゲーム内通貨が参加者全員に配られた結果、初日の低資産デッキとは比べ物にならないほど皆のデッキの完成度が上がってきたように思う。

このゲームはデッキ構築がとても面白い。というのも大抵ゲーム後半まで勝負がもつれるため、やりたいことを実現しやすいのだ。

今は一部の速攻デッキを除いて、後半戦を見越して決まれば必ず勝てるOne Turn Kill(OTK)コンボが搭載されている事が多い。ゲームシステム的に盤面の不利を逆転するのに苦労するため、揃えば一発で勝つ手段を用いるのはとてもベターな戦略となる。

そんな中、ひときわ化け物じみた固有カードを持つプレイキャラクター(ヒーロー)がこのウィッチ

ウィッチ

その圧倒的な質量を持つ乳房も化け物級が、固有カード能力である【スペルブースト】が一言で言うと、ぶっ壊れ

資産的にも問題なくカードがクラフト出来るようになって、壊れ具合を更に実感することになったので紹介していきたい。

デッキ紹介

【スペルブースト】とはウィッチ固有のカード能力で、スペル(呪文)を使えば使うほど、手札にあるスペルブースト持ちのカードが強化されていく、というものだ。

Screenshot_2016-03-01-21-00-01

≪ウィンドブラスト≫を例に挙げると、基本は2マナでキャラクター(ミニオン)に1点のダメージを与える貧弱なスペルだが、これが手札にある状態で唱えた他のスペル1枚につき、どんどんダメージが上がっていく。極端な話、これが手札にある状態で他にスペルを9枚使っておけば、2マナ10点ダメージへと変貌を遂げるのだ。

これだけでも十分強力なのだが、≪ウィンドブラスト≫はスペルブースト界でもまだ可愛いほうである。

問題はこれだ。

Screenshot_2016-03-01-21-00-35

Screenshot_2016-03-01-21-01-32

【スペルブースト コスト-1】

何が問題か、パッと見て判らない方もいるかもしれない。しかしこれはプレイした感想でもあるのだが、デッキをスペルだらけにすれば簡単に0マナでプレイ出来るようになる。マナ加速を得意とするドラゴンというプレイキャラクターもいるが、言うならばウィッチはさながら"超"マナ加速

そしてその種となるスペルが沢山用意されてしまっているため、安定的にマナをどんどん下げていく事ができ、結果、他のデッキに人権が無いのではないかと勘違いしてしまうほど、簡単に勝ててしまう。

ちなみにShadowverseではキャラクターを最大5体まで展開できるのだが、【守護】(挑発)を持つキャラクターを複数体並べられている状態からでも、動き始めから相手にターンを渡すことなく勝つ事が出来た。恐らく【守護】持ちキャラクターが5体いたとしても、結末は変わらなかっただろう。

これをぶっ壊れという言葉以外で、表現することは難しい。

deck

デッキ構成 各カードは最大3枚ずつ投入可能、計40枚のデッキで戦う

デッキの動きはこうだ。

1.低マナスペルを駆使し、相手の展開を邪魔したり、カードを引いたりしてスペルブーストを稼ぐ

Screenshot_2016-03-01-20-59-36

Screenshot_2016-03-01-20-59-49Screenshot_2016-03-01-21-02-18

Screenshot_2016-03-01-21-02-10

Screenshot_2016-03-01-21-01-42

 

2.スペルブーストするキャラクターやスペルを駆使し、更にスペルブーストをする

Screenshot_2016-03-01-21-02-01Screenshot_2016-03-01-21-00-24Screenshot_2016-03-01-21-00-12

 

 

3.対戦相手のライフ20点を削れる算段が付いたら、2種のフィニッシャーを展開し、追加ターンを得て攻撃する

Screenshot_2016-03-01-21-00-46

Screenshot_2016-03-01-21-01-51

Screenshot_2016-03-01-21-01-23

・・・以上となる。

このデッキの一番の強みだと思うのはカードを引くカードの枚数が潤沢にあるところである。とにかく狙ったカードにアクセスすることが容易であり、手順さえ誤らなければ大体8ターン目~10ターン目にはコンボが始動し、相手にターンを返すことなくゲームに勝利することが出来る。しかもそれまでの過程は、ただ相手の妨害をしているだけで良いのだ。些細なダメージレースなど不要であり無用。

マナコストがほぼ0の≪フレイムデストロイヤー≫や、ゲーム内最大キャラクターサイズとなった≪ルーンブレイドサモナー≫を並べて追加ターンを得、殴って終わり。1ターンで足りなければ更に追加の≪次元の超越≫を撃てばいい。

他のデッキのOTKは全てこれには及ばない、というよりも手順や過程が面倒であり、仕込みに時間が掛かるためキルターンが遅いのが現状だ。つまり、対戦相手には(同系以外で)安定的にこのデッキの勝利条件を防ぐ手立てが無い。

まだカードプールを全て把握しているわけではないので、このデッキ以上のぶっ壊れコンボデッキがある可能性は勿論あるが、今日までそんなものに遭遇していない事が何よりの証明と言えるのではないかと思う。今後来るであろうオープンベータテストや正式稼働の際、このデッキのパーツがnerf(弱体化)されたり、対抗馬となる強力なメカニズムが追加されない限り、私はこのデッキを使う(断言

CBTが終わるまであと2日。プレイする権利を得た皆も是非、一度は使ってみてほしいただし「勝てない、弱い、うそつき、もっと良いデッキあるだろ」等の苦情は受け付けない。人間だもの。

この記事を書いた人

kuroebi
ゴシップ大好き「ニコニコHSおじさん」。
連絡・要望はTwitter@kuroebi_HSまで。

-ゲーム