Edgestone

世界で一番ファンキーでイケイケなマルチゲーミングチーム

0bfe736d6fbbd784f0c67750fe56dcfb

ゲーム ハースストーン

運に身を委ねるために

「ハースストーンは運ゲー」

この記事の読者の方々も、一日一回はこういった、もしくはこれに準ずる台詞を目にするのではないだろうか。

「ナイフジャグラーはいつも相手の都合の良いように飛ぶ。次のターンには勝てたのにトップデッキされて逆転負け。あぁ、僕は不幸だ。

mattun

盤面を埋めてもラグナロスが本体に飛んできて負けることもある

彼が不幸かどうかは置いておいて、ハースストーンには確かに運の要素が介在する。そしてそれが勝敗に影響を及ぼす事も私は知っている。

しかし、ハースストーンは運だけで勝敗が決するゲームでは断じて無い

「そんなこと知ってるよ」と思う人が大半かもしれないが、その言葉の意味を真に理解している人はまだまだ少ない。

この記事ではハースストーンの運要素についての考察を行い、皆様が「運」に身を委ねることに対し、少しでも気楽に考えられる手助けが出来ればと考えている。

長文となる事、ご容赦いただきたい。

 

何故「運が悪い」と感じるのか

ハースストーンに関する運の要素は、実はいくつか種類があるのだが、「運が悪い」論争でクローズアップされるのは殆どの場合「ゲーム中のドロー」、つまり「引き」についてだと思う。

人間は感情的な生き物だ。そして自分にとって都合良く物事を捉えてしまうのは、必然と言っても良い。

以下に私が考える、一般的に人が陥りやすい思考ルーチンを示す。必ずしも全員に当てはまるものではないが、一度は感じた事があるのでは。

運ゲー01

いかがだろうか。客観的に見てみると、何とも偏った内容である。この思考ルーチンでは、私の考えでは幾つか、感情や理解不足が介入するが故の誤りがある。

まず本当に最善を尽くせているかどうかは、膨大なデータを元にした分析や経験、それに加えて「運の要素」の介在による複合的要因から判断するしかないため、基本的には曖昧な概念である。つまりそれが最善手だと考えていても、それ自体が誤りである可能性は勿論ある。

次に、現状持っている知識による最善手は、適切なゲーム進行のために必要不可欠な要素であり、「最善を尽くせば報われる」という発想自体が誤りである。そもそも「自分だけが最善を尽くしている」と錯覚しがちだが、対戦相手も相手なりの「最善手」を打っているはずなのだ。なので「常に自分だけが報われる」という不公平な事象は現実的に有り得ないだろう。

最後に、ハースストーンの勝敗は個々の実力と運の要素を掛け合わせた結果だ。1戦だけを切り取って「実力」や「運」の優劣を語るのはとても乱暴な行いである。

大前提として「運の総量」に個人差は無い。しかし我々が目にする「運」はノイズのように乱高下しており、瞬間的に良かったり悪かったりするものなのだ。私には学術的知見が無いため、この運の乱高下をここでは仮称として「運の揺らぎ」と名づける。人は目に映らない「運の総量」を無視し、目に映る「運の揺らぎ」によって個々を比較してしまう。これこそが「ハースストーンは運ゲー」と思わせてしまう主な原因だろう。

しかし、もしハースストーンが真に運ゲーであるのならば、強豪プレイヤーと、大多数が占めるであろう一般プレイヤーとの違いは何なのだろうか。

彼らが勝つのはたまたま運が良いから、と考える人も中にはいるかもしれない。勿論目に映る「運の揺らぎ」によって拾った勝ち星も幾つかはあるだろう。だが論理的に考えて「運の総量」は変わらないはずなのだ。良い時もあれば悪い時もある。なのに強豪が一般のプレイヤーよりも勝てているのは何故か。

それこそが準備であり、練習であり、経験であり、知識なのだ。彼らは(意識しているかどうかは別として)日々の鍛錬によって自らの力を高め、「運の揺らぎ」の変動に対する受けを広く保つことで、勝率を上げているのである。

日本屈指の「アリーナ・グル」いつまさ氏が勝ち続けるのは決して運の要素だけでは無い

「人」と「運の総量」に相関関係は無い。だがその人の「実力」と「運」は密接に関係している

 

どこまでが「運」の範疇なのか

前項で運にはいくつかの種類があると書いた。それを運と認識しやすいものもあれば、しにくいものもある。だが対人ゲームには、というか勝負事自体には、少なからず運の要素が介在するものだとご理解いただいて、本項をお読みいただきたい。

私がハースストーン・ランク戦の中で運の要素が介在すると思っている事象について以下にざっくりと示す。これはゲーム中の事象だけではない。

・先攻後攻の決定

・初手、マリガン後の初手

・ゲーム中のドロー (引き)

・対戦相手の実力(またはデッキの)強弱

・ランク戦の環境理解

・カードの入手

・デッキの完成度

・自分のデッキおよび相手のデッキへの理解    etc...

細かく示していけば、まだまだ出てくるかもしれない。が、今回は以上に留める。

挙げたものの中で、自分の意思が及ばないものは「先攻後攻の決定」「対戦相手の実力(またはデッキの)強弱」だが、後者はランク戦という特徴からある程度均等になるよう担保されていると考えていいだろう。

他の一見、運の要素とは考えられない項目については、前項の「実力」と「運」の密接な関係、というくだりに通じてくる。

YmFsYW5jZTAwM1yS

実力が不足すると勝利へのバランスも崩れやすい

そもそも「初手、マリガン後の初手」「自分のデッキおよび相手のデッキへの理解」の度合いによって改善しうるし、「ゲーム中のドロー (引き)」については「デッキの完成度」が多大に影響を及ぼす。そしてそれを司る、「ランク戦の環境理解」、「デッキの完成度」、「自分のデッキおよび相手のデッキへの理解」は情報と経験値の取得に掛かっているのだが、新鮮な情報を適切なタイミングで適格にアップデートできるかどうかは運任せの部分が否めない。それこそ1時間、その情報の入手が遅れたばっかりに勝機を逃してしまう事も有り得るのだ。

例えば、レジェンド1位を獲得したデッキがあるとして、ただそれをコピーしても勝てるようにはならない。それこそ「ランク戦の環境理解」「自分のデッキへの理解」で差を埋める必要があるのだが、それに気付けなければ「あぁ、運が良いからこの人は勝てたんだ」と勘違いしたまま、運のせいにして諦めて終わらせてしまうかもしれない。

気付けるか気付けないか、それを運と割り切る事も出来る。才能の有無と切り捨てる事も出来る。

だが、そうしたくない読者の方々には次項がそのヒントになるかもしれない。

 

「運」を「運」で終わらせない

これら、運の要素を軽減することは可能だ。

日頃から情報を得るためのアンテナを広げ、文献や資料を読み込み、練習を欠かさない。それを繰り返す事で、いつしか運の要素は、少しずつ実力へと昇華されていく。

また、日々のプレイデータを記録するのも有効だ。蓄積したデータは自分の戦績を客観的に見返す助けになり、尚且つ「運の揺らぎ」のブレを和らげる効果を持つ。

戦績

プレイデータは環境理解、デッキの完成度を測る上で重宝する

しかし、これらの客観的視点を持ってしても、人間の感情を制御しきるのは至難の業だ。勝てば嬉しい、負ければ悔しい、それが理不尽な負けであればあるほど、納得できないかもしれない。

ただ、どんな強豪プレイヤーでも勝率70%を出すのは並大抵のことではない。つまり10回やれば3回以上負ける計算なのだ。そして彼らはそのことを理解しているが故に理不尽な負けにも腐らず、今日もハースストーンをプレイする。

運に身を委ねながら、自らの手が届くかもしれない勝利を得るために、腕を磨く。それこそがこのゲームで最も重要な本質の部分なのではないだろうか。

 

推敲もロクに出来ていない雑な文で恐縮だが、貴方のハースストーンとの付き合い方の手助けになれば幸いである。

この記事を書いた人

kuroebi
ゴシップ大好き「ニコニコHSおじさん」。
連絡・要望はTwitter@kuroebi_HSまで。

-ゲーム, ハースストーン