Edgestone

世界で一番ファンキーでイケイケなマルチゲーミングチーム

dice-20p

ゲーム

SAVE というゲーム

注意 : この記事はハースストーンとは一切関係ない内容になっております。

こんにちは、みみずくですーヽ(=´▽`=)ノ
ついこの間発表されたハースストーンの新拡張 旧神の囁き。とても楽しみですね!

旧神といえば僕は前回の記事でも少し触れたクトゥルフの神を思い浮かべてしまいますw

と、こんなことを考えていたらついこの間フォロワーさんにも布教した SAVE というゲームをもっと多くの方にプレイして、または知って欲しいと思ってしまいました。
そのため今回はこの SAVE というゲームについての魅力などを語っていきたいと思っていますので、どうかお付き合いくださいませーm(_ _)m

SAVE とは

まずは今回の題材である SAVE というゲームについての説明をしていきたいと思います。
SAVE と言うのはいわゆるフリーゲームと言われるもので、ネット上で無償で配布されているゲームコンテンツになります。
配布されているゲームを起動するだけで始められるのでとてもらくちんですね(「・ω・)「

まあソシャゲになれた皆さんなら当然といえば当然の形式かもしれませんが、この SAVE は PC のゲームなので、Windows PC を用意しましょう。

ダウンロードはこちらからどうぞ。
これはふりーむというサイトで、他にもフリーゲームがたくさんあるので興味があればそちらもついでにどうぞ(›´ω`‹ )

起動方法は簡単で、ダウンロードしてきた zip ファイルを解凍し中にある exe ファイルを起動するだけです。
README.txt などに操作方法は書かれていますのでそちらをまず参照すると良いかと思います。


さて、ここまではどちらかと言うとフリーゲームについてのお話でした。
本題の SAVE についてですが、ページに行った人はわかると思いますがクトゥルフ要素が入った RPG となっています。
主人公が失われたものを取り戻す為に神話的恐怖に立ち向かう、そんなお話です。

さてクトゥルフというわけで、一応ジャンルはホラーになります。
ゲームをする際には、流血や軽度なグロ表現等ありますのでご注意ください。
また他のホラー系フリーゲームの様な極端な脅かし要素はありませんが、一応ホラーですのでその辺は心しておいてください。
╭( ・ㅂ・)و ̑̑

ちなみに、クトゥルフ要素はありますがクトゥルフを知らなくてもゲームプレイに支障はありませんのでその辺はご安心ください。

システム的にはよくあるシンボルエンカウント式の RPG になります。
FF とかみたいにその辺歩いてたら敵と遭遇する式ではなく、敵が歩いていて触れたら戦闘開始という方式ですね。

なので頑張れば強制戦闘以外すべてスルーして進めることも出来ます。
まあ RPG なのでレベル上げが必須な分スルーしてたら途中で進めなくなりますがw

SAVE の魅力

というわけで SAVE とはどういうゲームなのかざっくり説明してきました。
なのでここからは、SAVE の魅力について語ろうかと思います。

とりあえず、ホームページはこちら

ページに飛んでもらえばわかると思いますが、絵はほんわかしていていい雰囲気になっています。
敵もわりとデフォルメされているので、絵だけでは怖さは余り伝わらないようになっていますねw

なので安心してゲームを開始してください。(´,,>ω<,,`)

さてゲームを始めて見ると、いきなりストーリが始まりその後放り出されます。
この手のゲームは基本的にチュートリアルなんていうものはありません。
ですが落ち着いて歩きまわるなり、その辺をとりあえず決定ボタンを押して探索してみたりしてください。
ストーリーが進みます。

基本的には街へ行き、主人公の目的である情報を探りつつ事件を解決し次の街へというように進んでいきます。

主人公の目的も大事ではあるのですが、この街々で起きる事件。
これがこのゲーム最大の魅力と言ってもいいでしょう。
作りこまれたシナリオと、登場人物たちが織りなすストーリーはどの街でも僕達の心を休ませることはありません。
とても幻想的で、恐怖に満ちたそんなストーリーが展開されています。(ノ)・ω・(ヾ)


もう一つこのゲームの特徴があります。
それは主人公のステータスの変動です。

実は主人公、ただの人間です。
つまりレベルを上げても強くなりません。
いくらレベルを上げても一切強くなりません。
大事なことなので。

せいぜい HP と MP が増えるだけです。
だってにんげんだもの(´・ω・`)

装備品と、仲間を頼って先を進むと良いでしょう。

露天の黒いお兄さんがパワーアップアイテムを売りつけてきます。
買えば強くなりますが、まあ余り頼らない方がいいでしょう。
理由は露天のお兄さんからアイテムを買うときに説明文を読めばなんとなく察せるでしょう。

そして、街々にはすずめさんがいます。
一度だけ意味深な発言をしてくれるので、見かけたら話しかけてみましょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか SAVE 。
やってみたいという気になっていただけたら幸いです。

幻想的で、ちょっぴり怖くて、ハートフルなこのゲーム。
ちなみにこのゲーム、僕はやり終わった後暫く放心していました。
そのくらい内容にのめり込んでしまいました。

ぜひこの素晴らしいゲーム、一度手を出して頂けると嬉しいです。

ちなみに、トラウマが出来たというクレームは受け付けません(ノω・)テヘ

この記事を書いた人

みみずく
どうも、みみずくです。
TRPG やりたい人こえかけてね(*・ω・*)
この人が最近書いた記事

-ゲーム