Edgestone

世界で一番ファンキーでイケイケなマルチゲーミングチーム

photo-show.aspx_

スポーツ

雨池パリーグ順位予想

【注意】この記事はハースストーンとは無関係です

どうも、何とかHSの起動に成功してスタン落ちは免れた雨池です。よかったよかった。

さて、今日からいよいよ球春到来。何だかんだあってちゃんと開幕するんかな……と思ってたけどNPBはヤル気みたい。円陣だの賭博だのB氏だのウニしゃぶだの正直「これやべぇだろ……」と思うことも多いです。しかし野球ファンの性としては、シーズン始まっちゃえば贔屓を応援しちゃうのである。楽しみだなーと思ってたらこんなのが飛んできた。

私、ホークスファンなのである。生まれも育ちも現住所も福岡だから仕方ないね。というわけで順位予想(セは他の記事ご覧ください)。

 

1位 福岡ソフトバンクホークス

まぁ我ながらここは固いかな、と。去年は「2番手クラスが6人いる」と言われた先発陣だが日本復帰した和田がバリバリやってエースとして君臨しそう。次期エース候補の武田が一本立ちして攝津がそこそこ投げられれば、年の頭からバンデンもいるし盤石ではなかろうか。不安要素はそろそろ衰えの見え始めた森福、勤続疲労の心配のある森、年齢高めのサファテといった救援陣だろうか。

打線はイデホの穴をカニザレスがいかに埋め切れるか、そして微妙に調子の上がらない松田、怪我明けの柳田、離脱中の内川等不安要素も多い。上林や高田、斐紹らの飛躍に期待したい。とはいえ選手層の厚いホークスのことなので何とかしちゃう気もする。

2位 埼玉西武ライオンズ

何だかんだで打線の破壊力は12球団随一。デホがホークスを抜けた現状だと秋山浅村中村メヒア栗山の主軸はヤクルト(川端山田畠山バレンティン)と並んでトップじゃないかなと。下位打線が弱めなのが弱点と言われていたけれども坂田、山川あたりが飛躍してくれば手の付けられない打線になりそう。ぶっちゃけ森は捕手育成のために二軍に塩漬けにしてもいいと思っている。捕手として育成に成功すればライオンズの捕手事情は10年安泰、どころか日本代表クラスになれる。

投手陣、今年は岸が一年通してローテを守れれば、といった感じ。牧田は当然として、菊池もそろそろエースの座を狙って欲しいところ。あとは高橋が万全ならば、しっかりソフトバンクと戦える戦力だろうと考える。

3位 北海道日本ハムファイターズ

試合巧者という表現がとても似合うファイターズ。打線は何と言っても日本の4番、中田翔だろう。数字としても十分満足のいくレベルだが、それ以上に「良いところで打つ」男だ。昨年微妙に調子を落としたが地力はある陽岱鋼、低打率だがホームランの多いレアード、覚醒の兆しを見せている杉谷等期待できる選手もそろっている。あとは近藤が捕手をやりながら打撃を維持できれば……と言ったところ。

投手陣は大谷が去年打ち込まれたソフトバンクに勝てるかが最大の焦点になりそう。日本を代表する投手であるだけに、(鷹党としては複雑だが)ホークスもしっかり抑えられる投手への成長を期待したい。ただ、他のローテ投手がメンドーサ以外微妙にパッとしないのが大きな不安材料か。なんせ斉藤祐樹が6番手に入りかねない状況であった。増井の仕上がりが微妙なのも気がかりだが、彼ならば開幕には間に合わせてくると信じたい。

4位 千葉ロッテマリーンズ

てるニキの予想では2位だが、私はハムとライオンズと比較したときに少し上に持ってき辛かった。とはいえ十分上位が狙える地力はある(というか2~4位は正直ダンゴだと思っている)。野手陣は今江・クルーズが抜けた穴を埋め切れるかと、井口が1年の中でどれだけコンディションを保てるか次第。ナバーロが当たりっぽいのと、今年はデスパイネがやってくれそうな感じがあってその辺は好材料。ただ、今江とクルーズは打撃守備両方の面での貢献が大きかった選手なので埋めるのは並大抵のことではないと予想。この辺が4位予想の根拠。外野陣は昨年ブレイクした清田が今年も活躍して「本物」であることを見せつけてほしい。

投手陣は、石川が「誰もが認めるエース」になれるかに注目したい。ソフトバンクから加入のスタンリッジもまだまだバリバリやれるだろう。最多勝の涌井もまだまだ頑張ってほしいところ。抑えの西野の仕上がりは上々のようだ。大谷(エリート)や内、益田と言った中継ぎ陣はパリーグトップクラスだろう。噛み合えば優勝を持っていく戦力は十分にある。

5位 オリックスバファローズ

昨年はとにかく怪我に泣いたオリックスだが、今年は開幕から金子がいる。万全の金子は球界ナンバーワン投手だと思っているので、金子が1年投げられるかが大きいだろう。西にも打倒金子のつもりで頑張ってもらいたいし、あとは東明が一本立ちして、ディクソンが例年通りの活躍を見せれば先発陣は上位と比較しても何の遜色もない。不安な点は中継ぎ抑え。一昨年頑張りすぎちゃったせいか昨年は疲労が隠せなかった。ただ、佐藤比嘉平野が一昨年の輝きを取り戻せたのならトップクラスのブルペンとなる。

野手陣はとにかく安達の離脱が痛すぎる。個人的パNo.1のショートだったので難病は残念。恢復し復帰できることを願う。あとは糸井が万全でなければ厳しそう。新人で開幕スタメン報道も出ている吉田がどれだけやれるかには注目したい。噛み合えば前評判を覆すポテンシャルは秘めている。

6位 東北楽天ゴールデンイーグルス

楽天ファンの読者の方がいたらごめんなさい、最下位予想です。とにかく打線が……というのが正直なところ。オコエがどこまでやれるかは注目したいが、高卒新人一人に期待するのも厳しい。新加入の今江がどうプラスに働くかに期待したい。AJとマギーがいた2013のような攻撃力が期待できないとどうしても勝ち数が伸びないだろうという予想。

投手陣は則本がエースとして君臨するのは間違いないとして、問題は2番手以降である。辛島・塩見・美馬といった面々がしっかりと働けるかどうか。安楽もそろそろ1軍でバリバリ投げるところが見たい気もする。救援陣は松井が今年も抑えをやるのだろうが、正直彼は先発するところが見たい。

総合

1位 ホークス

2位 ライオンズ

3位 ファイターズ

4位 マリーンズ

5位 バファローズ

6位 ゴールデンイーグルス

と、まぁここまでが私の予想。正直2位から4位はそこまで差はないと思っているし何が起きるか分からないのがパリーグ。2013→2014なんてAクラスとBクラスが丸々入れ替わったもんね。こういう風に盤石な時に限ってハムあたりに優勝さらわれるホークスも何回も見てきたし。今年もファンとして一試合ごとに一喜一憂していきたいと思う。

※お詫び どうしてもホークスとその他で私自身の詳しさに差が出てしまいました。ごめんなさい。

この記事を書いた人

雨池零弐
雨池零弐
なんか知らんうちに代表にメンバー入りさせられてたヒールボット。HS歴は長いがプレイは浅い、レジェになったのは一度だけ。だいたいいつもランク2くらいで終わる。九州でもオフイベが開かれることを祈っている。

-スポーツ
-, , ,