Edgestone

世界で一番ファンキーでイケイケなマルチゲーミングチーム

JCG GF 11~13_9622

未分類 雑談

720pの映像と肉眼で見る景色

JCG GF 11~13_9622

皆さんこんにちは。前回、JCG Premier Grand Finals 2016 Battlefield4部門 出場チーム紹介と題した記事をEdgestoneに書かせて頂きました、アマガエルです。公開した後に予想以上に多くの方に見てもらえて内心嬉しいのと恥ずかしいのと、CarryMeがDtN BYCMとの世紀の大接戦の末に優勝したことで押し寄せる感情の津波に飲み込まれていました。大袈裟かも知れませんが「世紀の大接戦」と書くしかないと思う程に熱い長期戦でした。次の記事がこんなにも遅れてしまったのは、春の引越しやリフォームでPCを開ける機会が無かったからです。

始めはJCG Premier Grand Finals 2016 Battlefield4の決勝戦CarryMe vs DtN BYCMの興奮を伝えようと記事の内容を練っていましたが、どうにも出来上がった文章は読み返すほど自分の中でモヤモヤしたままで、上手く伝えられないのです。Twitchやニコニコ生放送で試合をご覧になった方はその様子を画面越しに最高に楽しんでいただろうと勝手に想像してます。しかし何があったかを伝えることは出来ても、あの日、あの時の会場の興奮と熱気は文字ではどうにも伝わらないのです。文章を起こした辺りから試行錯誤していましたが、それが出来ないと気付いた時にはめまぐるしい現実生活の変化が訪れて、あの日のことはちょっと昔の一つの「思い出」になりつつあります。

私はBF4はもちろんHearthstoneも大好きです。先日、ハースストーンアジア太平洋冬季選手権で、日本代表のmattun選手vs台湾のPinpingho選手の試合を見ていました。Pinpingho選手が逆転勝利を収めた猿が飛び交うその接戦は私の知る中で最高のGoodGameの一つになり、その興奮は私にとって既視感がありました。しかし配信で感じた興奮は何かが違うと思いながら数日過ごしたある日、庭の野良猫を撫でているとYoutubeの猫の動画には無い触感があるのです。Twitchで見る限られた720pの映像と肉眼で見る際限の無い会場の景色。会場で熱気を浴びるのと、限られた視界のカメラ越しに様子を覗くのとでは何かが違うのか。それを語るには私はとても言葉足らずで悔しくて、しいて言うならばその違いは「その場にいるかいないか」という答えにならない答えです。

東京のハースストーンたまり場や名古屋でのハースストーン好き同士が集まるオフ会など、ハースストーンには直に同じプレイヤーと関われる機会が多いように感じます(FPSは居酒屋に集まっても出来ないので)。つまり、私がこの記事で伝えたいことは「オフラインイベントやオフライン大会に積極的に参加してみて欲しい」ということです。きっとあなたにとって新鮮な体験になるでしょう。もちろん開催する側になるのも是非是非。

滅茶苦茶な文でしたがどうかお許し下さい。

アマガエルより

 

この記事を書いた人

Amagaeru4126
Amagaeru4126
BF4チームCarryMeの雑用係。BFCMの管理人。
公式フォーラムにクランスレ作らせたの私です(小声)。
片手間にハースストーンさせてもらってます。
Twitter@amagaeru4126_
OriginID:Amagaeru4126
BattleTag:TreeFrog4126#1678

-未分類, 雑談