Edgestone

世界で一番ファンキーでイケイケなマルチゲーミングチーム

bf1 a

ゲーム

人類最初の世界大戦、その前夜 ~Road to Battlefield 1~

 

 

 

いよいよ今月、2016年10月21日に発売となるBattlefield 1(バトルフィールド1)。
もちろん、圧倒的なグラフィックとストーリーで予備知識無しでも最高に楽しめますが、第一次世界大戦とは何かを知ることで更にシングルプレイヤーの理解が増すでしょう。
そこで第一次世界大戦の背景をまとめてみましたが、以下は諸説ある内の一部であることをご理解ください。

「長くて読んでられないっ!」って人はこちらのトレイラーだけでもご覧ください!!↓

 

ビスマルクが目指した平和

%e3%83%93%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%ab%e3%82%af

第一次世界大戦の40年以上も前にあった普仏戦争(独仏戦争)によるドイツ統一とアルザス=ロレーヌを併合の後、ドイツとフランスの間にある反感は世代を超えて受け継がれ大きくなっていった。
フランスの国民感情としては、軍事的かつ領土的な損失を挽回し、ヨーロッパ大陸において卓越した軍事強国としての地位を取り戻すことを望んだ。

ドイツ統一の立役者であるビスマルクは、拡大政策にきわめて慎重な姿勢をとった。
ドイツはヨーロッパの中央部に位置しており、外交を誤れば東はロシア、西はフランスから袋だたきにあうからである。
1887年、ドイツとロシアの協調関係はビスマルクが調えた秘密条約である独露再保障条約により確保された。フランスが復讐を望むことを憂慮していた後年のビスマルクは、フランスの海外拡張を後押しすることでフランスを懐柔しようと努めた。
しかしながら、反ドイツ感情は残り続けた。

1888年、ヴィルヘルム2世が独皇帝として即位し29歳の若き皇帝はビスマルクとそりが合わず、1890年に彼を解任した。
その数ヶ月後、ロシアとの再保障条約の期限が切れると、ロシアが更新を望んでいたにもかかわらず皇帝はこれを拒否してしまう。
その後の皇帝は「新航路」「世界政策」と称する積極的な拡大政策を進めた。

ヨーロッパの分極化

その後、ロシアは急速にフランスに接近し、1892年露仏同盟の成立をみた。
ビスマルクが怖れていたことが現実となった。
イギリスは、ボーア戦争で孤立した後の1900年代になって、ヨーロッパ大陸の列強国から距離を置く政策を放棄し、1904年には英仏協商を結び、1907年には英露協商を結んだ。
これら三国の協調関係を指して三国協商と呼ばれる。
イギリスはドイツ一国を敵に回すよりは、フランス、ロシア二国を敵に回す方が我々にとってはよほど不利、ドイツは他の列強と互角になるほど強くはないと考えたが、イギリスが大陸への干渉を控えていた間にドイツは成長を続けていた。

第二次モロッコ事件(アガディール事件)は、1911年4月にフランス軍が実質的な戦力をモロッコ領内に配備したことにより、国際的な緊張が高まった事件である。
これに対してドイツは1911年7月1日に砲艦をモロッコのアガディール港に送り込んだ。この事件でドイツに対する恐れからイギリスはフランスに接近した。
この事件の間、イギリスはフランスを支援して、両国間の協商関係は強化され、イギリスとドイツは疎遠になり、第一次世界大戦へつながる分極化が深まっていった。

オスマン帝国の没落

%e4%bc%8a%e5%9c%9f%e6%88%a6%e4%ba%89

伊土戦争はオスマン帝国とイタリア王国の間で1911年9月29日から1912年10月18日まで行われた戦争である。
イタリア陸軍航空隊は飛行船による前線偵察を行わせており、11月1日に捕捉したオスマン軍部隊に爆弾を投下した。
これは世界で最初の「空軍による地上攻撃」として記録されている。第一次世界大戦にとって、この戦争が持つ意味は、オスマン帝国を支援しようとする列強はもはやないらしいことが、この戦争によってはっきりしたことにある。
このことがバルカン戦争への道筋をつけることになった。

ロシアへの畏怖

1912年から1913年のバルカン戦争でヨーロッパでの力のバランスはロシアにとって有利な方向に崩れた。
バルカン戦争はドイツとオーストリア=ハンガリーの同盟関係が緊張した。セルビアに対抗するためのオーストリアからの要望に対するドイツ側の態度は、当初はまちまちで整合性のないものでドイツは同盟国に対する戦争を支援する準備は整っていないことが明快になった。

この時までに、ロシアは日露戦争における敗北からほぼ回復してきた。
ドイツとオーストリアはロシアが最終的には対抗できないほど強くなってしまうのではないかと恐れ、戦って勝てる成算のあるうちに、これから数年以内にロシアと何かしら戦争を起こさねばならないと結論付けた。

自動的な参戦

%e9%9c%b2%e4%bb%8f%e5%90%8c%e7%9b%9f

露仏同盟は当初はドイツの攻撃からフランスとロシア両国を守るために結ばれた。
そのような攻撃があった場合、両国は共同で動員し、ドイツに二正面作戦の脅威を与える。
しかしながら、一方が引き起こした挑発的戦争の場合にはこの同盟は適用されないとする明快な制約を決めていた。
ロシアは、もしフランスが北アフリカでドイツを挑発した場合には、この同盟は発動しないことをフランスに警告していた。同様にフランスは、バルカン問題でオーストリア=ハンガリーやドイツを挑発するためにこの同盟を使うべきではないことをロシアに主張していた。

しかし、バルカン戦争中の1912年から1913年に、フランスの見方が変わった。
フランスはロシアにとってのバルカン半島の重要性を受け入れ、もしバルカン半島における紛争の結果としてオーストリア=ハンガリー及びセルビアとの戦争が勃発した場合、フランスはロシアの側に立つことを明言した。
従って、露仏同盟の性格は変わり、その結果としてセルビアはロシアとフランスの安全保障上の焦点になったのである。
将来のバルカン戦争シナリオにおいて、誰がそのような戦争を始めたかにかかわらず、フランス、ロシア両国の同盟は発動する。
クリストファー・クラークはこの変化を「1914年の事件を可能にした戦争前のシステムを構築する上で、非常に重要だった」と評している。

唯一の計画

フランスとロシアが同盟を結んだときから、ドイツはこれに対抗するための戦争計画を立て始めた。
この計画は、参謀総長の名前をとってシュリーフェン計画とよばれている。この計画は、ドイツは東西両面作戦を強いられ、仏露のどちらかを先に打倒しなければ勝利はない、という前提のもとに立てられており、国土の広大なロシアが動員に手間取っている間に、全力を挙げてフランスを倒し、その後ロシアにあたるべきだとされた。

ただし、この計画にはいくつかの問題点があった。
何よりもスピードが重視されたため、フランス、ロシアが先に動員を開始した場合、ドイツも即座に動員をはじめなければ手遅れになる。
そのため、動員と同時に国境を突破するとされ、一度計画が発動されたら自動的に戦争に突入するものとされたのである。
また、フランスを速やかに打倒するために、主力軍は国境の要塞地帯を攻撃するのではなく、中立国ベルギーを通過するとされた。
これは、対岸のイギリスの参戦を招く可能性が大であった。このような欠陥にもかかわらず、ドイツはこれ以外の戦争計画を持たずに、1914年を迎えることになる。

 

あとがき

私自身はあまり世界史に精通していませんので(中高で習っただけ)、間違いがないか大量の文章を何度も見直していました。
その作業の中で感じたのは「対立が出来上がってしまえば子供一人でも大戦争は起こせる」ということです。
ここまでは第一次世界大戦直前までの背景をまとめましたが、次の記事ではBF1で体験できる10のマップが元とした事柄をまとめようと思います。

立ち絵

 

雪崩のようにして世界を巻き込み、大戦争へと発展させるための火花は、一丁のピストルで十分でした。

 

サラエヴォ事件

1914年6月28日、19歳の青年ガヴリロ・プリンツィプは、暗殺を諦めて喫茶店でサンドイッチを買おうとしていた。

彼はオーストリア大公夫妻を狙いラタイナー橋で待ち伏せていたが、街道からの爆発音を聞き「仲間が暗殺に成功した」と考え持ち場を離れた。
彼はその後に、仲間から暗殺が失敗したことを知らされ気を落としていた。

サンドイッチを食べ終えたプリンツィプは、目の前の交差点を大公夫妻の乗ったオープンカーが通りかかるのを偶然にも目撃する。
オープンカーの運転手は、爆発の負傷者を見舞いに病院へ行く最中に道を間違えていた。
この千載一遇をチャンスを逃すわけには行かないと、プリンツィプはピストルを取り出し、交差点で停止しているオープンカーに駆け寄った。
泥沼を血肉で埋める4年が始まる、その1発目の弾丸は、新たな命を宿していた大公妃の腹部を貫いた。

 

参考サイト様
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC%E4%B8%80%E6%AC%A1%E4%B8%96%E7%95%8C%E5%A4%A7%E6%88%A6%E3%81%AE%E5%8E%9F%E5%9B%A0
http://www.y-history.net/appendix/wh1501-011.html
http://homepage3.nifty.com/ryuota/20c/ww1.html

この記事を書いた人

Amagaeru4126
Amagaeru4126
BF4チームCarryMeの雑用係。BFCMの管理人。
公式フォーラムにクランスレ作らせたの私です(小声)。
片手間にハースストーンさせてもらってます。
Twitter@amagaeru4126_
OriginID:Amagaeru4126
BattleTag:TreeFrog4126#1678

-ゲーム
-